• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2012/09/17(Mon)

道 後 温 泉 本 館


こんにちは、デザイナーの香川です。

昼はまだまだ暑く感じますが、夜はすっかり過ごしやすく、
体を動かすにもいい季節になってきましたね!

さて「ネコが旅する松山」シリーズの中に「道後」を舞台にしたものが4枚ほどあります。

私は生まれも育ちも松山ですが、幼少時代はあまり道後温泉に馴染みがありませんでした。
地元の温泉に行った記憶はあるんですが、道後は道後でも、
当時ジャングル温泉や映画館、ゲームコーナーが充実していた
「奥道後温泉」のほうに連れて行ってもらってました。ここで1日中遊んでましたね。
今思うと、お小さな子どもたちを1日遊ばせるには、こちらのほうが楽だったのかもしれません。

成人になってからも、あまりにも近くにあるせいか、
はたまたあの怪しげに光るネオンや夜の歓楽街に、大人の悲しいサガを感じてしまっていたのか
道後温泉は完全に「県外の観光客の癒しのスポット!」として、普段の生活と完全に切り離していました。

そんなこんなで初めて道後温泉本館に入浴したのは、30半ばの頃。
ゆっくりと神の湯に浸かり、浴衣に着替えて、二階の休憩室で涼みながら
お茶をすすり、坊っちゃん団子をほおばるという〜道後温泉本館のススメ〜ともいえる
コースを堪能し「日本人っていいなぁ」と窓の外の景色をみながら実感しました。

それからというもの、お盆になると道後温泉本館近くに宿泊するというのが恒例です。
本館のほうには入ったり入らなかったりですが、浴衣に着替え、下駄を履いて、
足湯に浸かったり、カラクリ時計を見たりしながら道後の町を散策していると、
どこか遠い町に旅に出ているような錯覚に陥ることがあります。。。

松山市内からだと車で数十分、路面電車も通っているので、思いついたときに気軽に行け
旅に出た雰囲気も味わえる道後温泉で、ほっこりと癒やされてみてはいかがでしょうか?
(大切なことは、ここは遠い温泉町なんだ、旅に出てるんだと「思い込む」ことです)

あと、道後と言えば猫!と思えるほど、道後の町には猫が似合います。
道後の町を歩いていると路地裏でひなたぼっこをしながら、ウトウトしていたり
観光客や町ゆく人に、愛想を振りまいている猫の姿を見かけます。
そういうのどかな風景が、道後の町をより風情あるものにしているのかもしれませんね。

0055.jpg

ご存じの方も多いと思いますが「道後温泉本館」は早ければ2014年から
老朽化による改修工事に入り、しばらく入浴することができなくなるようです。
それまでに機会があればぜひゆっくりお湯に浸かり、休憩室で団扇を片手に
お茶をすすりながら、団子をほおばってみてはいかがでしょうか。


Home | Category : KAGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top