• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2012/05/07(Mon)

松山銘菓手帖

こんにちは、デザイナーの藤原です。

今日は、ワンコインカードの「松山銘菓手帖」についてお話しします。

当時ポストカード企画の初期段階で、まつやまをPRするネタ探しをしていた私は
まずは自分の知っている松山のキレイな風景や面白い素材からアイデアを考えていたのですが
そんな正攻法だとどうしても日頃から街をうろついている(失礼)カメラマンやライター諸氏には
情報の質・量ともに敵わない事に気がつき、やむなく路線変更することに決めました。

「お菓子? ポストカードで?」

企画会議でプレゼンをした当初、当然のごとくメンバーからこんな声はありましたが
松山の良さを伝えるのになにも風景に限定することはないんじゃないかという
先入観に対するアンチテーゼなのか、面白いネタを見つけられない言い訳なのかはわかりませんが
「いや、これでいく!」と決めた私は、カメラマンの松浦さんの協力を得て
撮影を敢行したのでした。

「松山のお菓子といえばこの5つ!」ってわけではなくて
他にもいろいろあって迷いましたが、最終的には独断と成り行きでこの5つ
「タルト」「坊っちゃん団子」「日切焼」「白鷺落雁」「焼餅」になりました。
メジャーどころから、それほどでもないものまで、なかなかのバランスだと思ってます。

行き当たりばったりな性格の私のせいで撮影に丸一日かけてしまったのですが
イヤな顔ひとつせず協力してくれた松浦さんのおかげでいいカンジの写真があがってきました。

お菓子写真3


次はコピーを阿部さんにお願いします。
「ちょっとコミカルでいいカンジのやつお願い」なんて、いつものテキトーな依頼にも
さすがこの道20数年のベテランはこんなステキなコピーをつけてくれました。

「松山っ子が、最初に覚える仮名は『の』の字です。」 ── タルト

いいでしょう、これ。
オーダー通り、いやそれ以上です。
ほかの4つも、もちろんいいカンジですよ。

実は、当初は自分でも半信半疑なところもあったこの企画ですが
松浦君、阿部さん、他のメンバーのみなさんのおかげでなんとか無事ゴールまで漕ぎ着けました。

メンバーの不安をよそに、「それなりの」売り上げを記録しつつ
「松山銘菓手帖」は現在も好評販売中です。
道後のお土産屋さん、松山城の城山荘さんなどでお見かけの際は是非手にとってご覧ください。
もちろん、当ホームページでも購入いただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。

タルト文字



Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top