• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2017/08/14(Mon)

流しそうめんと風穴

こんにちは、デザイナーの藤原です。

暑いですね!
毎日30度越えなんて当たり前で、「夏ってこんなに暑かったっけ?」ってカンジです。
シゴトで外に出るのもちょっと億劫になりますね。

というわけで、涼を求めてそうめん流しに行ってきました。

毎年夏になると県内のあちこちでそうめん流しが始まります。今回は東温市の上林水の元そうめん流しに行ってきました。車を約1時間ほど走らせると、もう自然いっぱいの山の中です。ここは皿ヶ嶺連峰県立自然公園という石鎚山系の自然公園にあり、車を降りるともう辺りはマイナスイオンでいっぱい・・・のような気がします。

混雑を避けるために11時ぐらいに着いたのですが、みなさん考えることは同じなのかもうクルマを止める場所を探すのに一苦労でした。なんとか止める場所を見つけてそうめん流しの建物に行ってみると既に行列です。受付を済ませて30分ぐらい待ったでしょうか、やっと順番が回ってきました。

そうめん01★

席に着くと待望のそうめんが流れて・・・こない!? そう、なぜかそうめんが流れてこないのです。しばらくするとチョロチョロっと5~6束ぐらい流れたかと思うと1分ぐらいなんにも流れてきません。またチョロチョロっと流れると1分ぐらい「待ち」です。「なんだこれ? コンロでも壊れたのか?」とか思いながら次の束を待つのですが、終始その調子です。

そうめん02★

ご存じの通り、流しそうめんっていうのは一つの樋(とい)を流れてくるそうめんの束をその周りに陣取っているお客さんが周囲に気を遣いつつ譲り合いながら食べるものなのですが、こうも供給が少ないとなると川下(?)の席に座ったお客さんなんか待てど暮らせどそうめんが流れてきません。私も比較的川下側の席だったので滅多にそうめんが流れてこないのですが、横目でさらに川下を見ると小さい子どもが「まだかまだか」と言わんばかりに樋を見つめています。「こ、これは取れない!」たまにしか流れてこないそうめんをスルーしつつけ、結局30分ほど座っていたにも関わらず数える程しかそうめんを捕まえることができませんでした。

そんなこんなで客の回転の悪さも手伝ってか、私が席を離れる頃には順番待ちの行列は当初の3~4倍ほどにも伸びていたでしょうか。並んで待っている方々、お気の毒です・・・。

店を出ると「風穴→」という看板が目に入りました。どうやらすぐ近くのようなので、気を取り直して散歩がてら行ってみました。看板に従って10分ほど歩くと、原生林の中に人が集まっているスポットを発見。近づいて見ると徐々に「風穴」の意味が判ってきました。

涼しいんです。それもかなり。標高もそこそこ高い森の中なので既にさほど暑くはなかったのですが「風穴」に近づくと、もうクーラーがかなり強めに効いた部屋にいるぐらいの涼しさです。案内看板によると、地下の空間に浸透した雨水が冬の間に冷たい外気によって地中に氷の塊「地下氷」というものを形成するそうで「地下氷」は夏になっても溶けることがなく、岩の隙間を通る風を冷やして吹き出すしくみになっているそうです。

風穴01★

風穴組写真★

辺りの岩の間からは白いもやがわき出し、美しい原生林をより神秘的に見せてくれていて、季節と時間を忘れさせてくれました。松山からはちょっと遠いですが、避暑にはうってつけのスポットですよ。流れてこないそうめん(笑)も、たぶんこの日だけのトラブルだったのではないかと思いますので、夏の暑い日に是非一度行ってみてはいかがでしょうか、オススメですよ。




Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top