• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2017/03/17(Fri)

断捨離とカオス。

デザイナーの片岡です。

みな様、確定申告は無事終わったでしょうか。
今年もなんとか駆け込み最終日、終了2時間前に提出してきました。
なぜ書類を作成するのに事務所がカオス状態になるのかが不思議です。

近頃、「断捨離」って言葉がとっても気になります。
片岡も断捨離という言葉は好きなのですが「モノを断捨離する。」「人間関係を断捨離する。」となぜか単純に「捨て去る事」イコールに使われる事が多いのではと感じます。

もちろん、それが真意だとは思いますが、若い時、読んだ本に断捨離とは、例えば「師と弟子の関係である」といった事がかかれていたと思います。
いうなれば、日本の「守破離」でしょうか?

まず、弟子はなにもわからないので師に教えを請う。教授されたり真似たりして弟子は一所懸命、教えや技を身につける。
するとそれらを身につけた弟子に自我(自分)や考えが生まれ、教えや技に反映しだすため、師の教えに抗う。師との間に「断り」が生まれる。

さらに弟子は精進し、やがて師からたくさん受け取った教えや技にさえも疑い、それらを「捨て」去る。そして自ら新しい教えや技をもった弟子は師から「離れ」一人立ちする。
といった感じだったような気がします。片岡はこの意味をもつ断捨離がとても好きです。(間違っていたらすいません。記憶もあいまい、ネットにもでてない、その事を書いてた本もどこへいったやらで........)

1_20170317093157808.jpg

片岡は都築饗一さんの「TOKYO STYLE」という本が大好きです。
内容は只々、部屋の写真、写真、写真.......です。それもモデルハウスやかっこいい部屋の写真は一枚もなく、どこかのだれかの日常の部屋の写真。
横積みになった本、棚に入りきらなくなったCDやレコード、脱ぎ散らかした衣類、狭小な部屋にキーボード(音楽)、山済みのプラモデル.......。

今流行の「断捨離」にはほど遠く、きっと部屋の主人はカオス(混沌)です。
もう十年以上前の本ですが、いつ見ても、この本は片岡を「ほっ」とさせてくれます。

2_20170317093158136.jpg


「モノを捨てるという事」と「モノを捨てないという事」。
どちらかといえばシンプルに生活するという事がもてはやされる今、まったく逆をいっている片岡からすれば「断捨離」という言葉でモノがすてられる人は、そのモノが本当に必要ではなかっただけなんだと思う様にしています。

そう思わなければ、今、自分の部屋の現状の言い訳になりませんから......。
それにしても地震がこわいな~。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top