• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2017/01/24(Tue)

高知2泊3日

2017年は1月1日から出張という、
とんでもないスケジュールで幕開けした
ライターの阿部です。
お陰様で、慌ただしい日々を過ごしています。
そんな中、1月21日から23日まで
2泊3日で高知出張でした。
寒さは厳しかったもののお天気は割と良くて、
オール屋外ロケはサクサクと楽しく進行しました。
主には撮影が主体で、私は旅の空気感を吸収するのがお仕事。
カメラマンさんが渾身の撮影をしている間、
あたりをぶらぶらしまして、ちょっと面白いモノ探し。

今回の旅のテーマは「幕末の志士たち」。
おなじみ桂浜では龍馬像より、
こんなぶさかわな闘犬のイラストや
ぶさかわ闘犬

名物(?)のイカ焼きのキャッチココピーに目がいく始末。
「おいつけるか、この味に!」
おいつけるかこの味に

また世の中に「亀石(亀の形の石・なんらかの伝説がある)」は数あれど、
これほど亀に近い石は見たことない!(山内神社にて)
亀石

龍馬が水遊びをした池を訪ねてみれば、なんと小さいことよ…
龍馬が泳いだ池

小さいといえば武市瑞山(半平太)像。
高知県内に武市先生の銅像は2体ありますが、
そのうち1体は高さ1メートルも満たない可愛いサイズ。
武市半平太像

でもですねー。坂本龍馬は武市先生のことを「武市のアギ(顎)」と
呼んでいたという有名な話があります。
つまり先生は今でいうところの「シャクレ」だったんですね。
銅像の武市先生、確かにシャクレてる!
ちなみに某所には武市先生夫妻を模した夫婦岩がありまして…
こちらの石もしっかりシャクレてる!
夫婦石

ちなみに武市先生は龍馬のことを「坂本のアザ」と呼んだとか。
龍馬の顔にたくさんのホクロがあったことがその由来らしいです。

高知はすごい偉人をたくさん輩出しているなぁとあらためて感じました。
もちろん美味しいモノもたくさんあります。
今回の旅で最高に美味しかったのは、うな重!3000円!税込!
うなぎ

丸ごと1匹がのった贅沢うな重しか、記憶に残っていないという説も!
いえいえ、土佐に吹く風を感じた素敵な2泊3日でした。
また本が発行されましたらお知らせしますね。
本編は国貞さんの素晴らしい写真が目白押しなのです。お楽しみに!

Home | Category : ABE |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top