• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2016/04/04(Mon)

こんにちは、デザイナーの藤原です。

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、なんていいますが、例年同様疾風怒濤の3カ月が過ぎ、気がつくと新年度が始まってたりするのも恒例行事、おかげで毎年この時期は軽くヌケ殻状態になってます。

・・・というわけで、春です。
春と言えばやっぱりお花見です。土曜日はお花見日和でしたね。

古典において「花」といえば「桜」を意味するそうで、なんといっても桜は日本を代表する花ですね。でも、ソメイヨシノの開花時期ってせいぜい10日間ぐらいのもので、週末と満開とお天気のタイミングがうまく合わなかったり、満開になってから雨が降るとすぐに散ってしまうし、いいお天気が続くとすぐ葉桜になってしまったり…。そういった「はかなさ」が日本人の美意識を刺激するというのも解るのですが、会心のお花見を体験できるのは2~3年に1回だったりします。

確かにソメイヨシノは日本の桜の代表選手で、テレビニュースなんかで「本日、桜が開花しました」なんていうのは全てこの花のことなんですが、その他にも桜っていろいろな品種があるんですよね。軽くご紹介しようかと思ったのですが、調べてみたらなんと600種以上(!)もあるそうで、大きく分けるとヤマザクラ群・エドヒガン群・マメザクラ群・チョウジザクラ群・ヒカンザクラ群・ミヤマザクラ群・シナミザクラ群・サトザクラの8群に分けられるそうで、その下に野生種・園芸品種の膨大な種類の桜が存在するそうです。

私の生まれ故郷の愛媛県・今治市にも非・ソメイヨシノ系の桜の名所があります。しまなみ海道サイクリングターミナルのすぐ隣、糸山公園の「カワヅザクラ」です。カワヅザクラはヒカンザクラの仲間で、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種ということです(ヒカンザクラとカンヒザクラ、他にヒガンザクラというのもあるそうで、もうほとんど間違い探し状態ですが…)。ここ糸山公園のカワヅサクラは、毎年2月上旬あたりから咲き始めて見頃は3月上旬あたりまで、1カ月ぐらいは楽しめるそうです。ソメイヨシノと比べると少し濃いピンクで、多少奥ゆかしさに欠ける感はあるかも知れませんが、やはり行ってみると「春がきた」感満載で、なんだかウキウキしてきます。とにかく開花期間が長いのでいいお天気の週末とタイミングを合わせられるのがいいですよね。

T01_5581*
糸山公園のカワヅザクラ、奥にボンヤリ見えるのが来島海峡大橋です。

組写真

どうですか、この桜もなかなかのもんでしょう? ソメイヨシノじゃなくてもこれも立派な日本の桜です。ただ、見頃が2月・3月なので桜の下でお弁当を広げたりお酒を飲んだりっていうのはちょっとキビシイような気がしますね。この日もお天気は良かったのですがまだまだ春先は気温も低くて、ここでお酒飲んで昼寝なんかしてたら確実に風邪ひいちゃいそうです。もし行かれる方は防寒対策をしっかりして行かれることをおすすめします。



Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top