• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2014/07/16(Wed)

夏の風物詩

こんにちは、デザイナーの香川です。

7月も半ばになり、朝も夜もムシムシですが
我が家は未だ扇風機のみ、エアコンなしでがんばってます!

夏と言えば海水浴、キャンプ、BBQとアクティブなイベント盛り沢山ですが
個人的に1番のお楽しみは花火大会!
三津っ子ということもあって物心ついた頃から
毎年のように三津浜花火大会に足を運んでいます。

当時の松山市の花火大会と言えば南海放送サンパークの花火大会のほうがメインで
予算も少なかったのか三津浜の花火大会は単調なリズムの打ち上げで、
途中休憩とかあったりで、最後終わったのかどうかもよく分からない、
少し消化不良を感じる花火大会でした。
しかし2001年にその2つの花火大会が統合されてからというもの
三津浜花火大会は毎年スケールアップされ「そんなに気前よく打ち上げちゃって大丈夫?」
と心配になるくらい盛大な打ち上げとなり
今年はナント四国最大級の10,000発の花火が松山の夜空に咲き乱れます。

000001.jpg

花火を見物するのに、少し離れた場所から団扇片手に風流に見たい派と
できるだけ近く、花火の真下からライブ感満載で見たい派に分かれると思いますが、
みなさんどっち派ですか? ちなみに僕は後者のほうです。

視界いっぱいに色とりどりの花が開き、
ドーーンズドーーーンとお腹の底にまで響きわたる大迫力の爆発音や
潮の香りに混じって、ほのかに漂ってくる火薬の臭いを嗅ぐと
いまだに父親に連れられて初めて打ち上げ花火を見た時の
あの景色や音、臭いが鮮明に思い出されます。
当時もかなり近くで見ていたんですが、
お腹に響きわたる爆発音が気持ち悪くて、吐きそうで、
早く終わらないかなーと思いながら見てました。。。

花火大会の醍醐味といえば、フィナーレを飾る大迫力の乱れ打ちですが
個人的にはカウントダウンからの第1号、バフッ!という発射音とともに
真っ暗な夜空いっぱいに大玉の花火が開いた瞬間がシビレますねー。
これから始まるワクワク感と、ビール片手に今年も無事この場所で見られる
安堵感が入り交じり、何とも言えぬ幸せな気持ちになります。

今年の三津浜花火大会は8月3日(日)に開催されます。

ちなみに昨年はこんな感じ→ http://mitsuhama.net/hanabi/video

オススメの場所は打ち上げ場所のすぐそばにある有料席です。
車だと混雑するので、公共機関を利用するほうがいいですよー!





150-fld10-246.jpg

城景色、春夏秋冬/松山城十景【夏の松山城】Photograph:MATSUURA Hirokazu


41-fld10-594.jpg

城下町の面影/松山名所旧跡【II】【松山城】Photograph:MATSUURA Hirokazu

Home | Category : KAGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top