• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2013/08/05(Mon)

犬島精練所美術館へ。 岡山市犬島(いぬじま)

デザイナーの片岡です。
真夏にダイエットとアートを体感してきました。
一泊二日で、高校の同級生たちと「瀬戸内芸術祭2013」に参加です。
夏の部初めの週末で混雑しないかなと思っていましたが大丈夫でした。とにかく暑く
てあまり人は歩いていません。200カ所以上の見どころを2日でみるのは到底無理でし
たので20カ所くらいに絞り、見学です。(それでも大変。)その中でも行きたかった
第一候補の犬島精練所美術館のお話しです。

この看板、サビ具合が、もう廃虚マニア(一人ではいけないビビリですが)にはた
りません。もうどちらかといえば気分はアートとは関係ないほうに。

inujima1.jpg


明治時代の犬島は銅の精練を行っていたそうですが、価格の下落により廃止。
その後、何十年もたっています。島にはその当時の名残を残したものがたくさんあり、
このレンガも銅をとった残りカスをブロックにしたものだそうです。このすごい表情
をもつブロックもいたるかしこにあり、このミュージアムの一部を構成しています。

inujima3.jpg


もちろんミュージアム内にも入りましたが、撮影禁止で写真はありません。キーワー
ドになる「三島由紀夫」もなぜこの美術館にリンクするのかは結局わかりませんでし
たが、この精練所も三島由紀夫もすでに亡くなっているという点では「怨念」という
かなにか強いメッセージを感じないわけではありません。(怨念というのは下調べで
みたある個人の方のサイトにこう表現されていました)このミュージアムを構成する
部分以外の遺構にも、他の廃虚に共通するなにかを訴えている様な、話を聞いてほし
いといってるような、ゾクゾクするという程ではありませんが、少し気分が涼しくな
ります。

inujima4.jpg


「涼しくなる」っていうのはまんざら気のせいでもありませんでした。お化けの類の
チカラをかりなくてもこのミュージアム自体にすばらしいシステムがあるようです。
男子トイレの壁にかかれたイラストに興味がわき、調べてみたら高い煙突を利用した
自然の力を利用した冷・暖房設備となっているようです。ミュージアムの中はその他
しかけがありますがネタばれになるのでお話しするのはやめます。それにしても夜に
はいきたくない場所です。

inujima2.jpg


テーマの「遺産」、「建築」、「アート」、「環境」とすばらしいバランスでなりたっ
ているこのミュージアム、おすすめです。
もう少し涼しくなってからがいいかもしれません。日陰が少ないので麦わら帽子とマ
メな水分補給は必須です。なんせ2Lの水分を補給してトイレにいったのはこの日、こ
こだけでしたから。まだまだいろんな場所にいきましたが、アートに興味がある方は
ぜひ、自分で選んで体感したり、見にいってみませんか?瀬戸内芸術祭2013は、まだ
夏の部ですが、秋の部もあるそうです。

Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top