• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2013/05/20(Mon)

一流を観る

ウェブデザイナーの栗原です。

仕事をするにはニンジンを目の前にぶらさげるようにしています。
かすかな楽しみをたよりに日々頑張るのです(T_T)

先月、毎年恒例の「四国こんぴら歌舞伎」を観に行ってきました。
千秋楽のチケットがなんとか手に入ったので・・・。
今年で8年目くらいになります。
いつもなら1泊で行くのですが、今年は時間が全くないので
日帰りです・・・もちろん帰ってからも仕事。

8年も通っているとたくさんの役者さんを観てきました。
今は亡き市川團十郎さんに中村勘三郎さんのお芝居もこんぴら歌舞伎で初めて観たのを思い出します。

今年は「亀治郎」改め四代目「市川猿之助」の襲名披露公演でした。
市川猿之助(亀治郎)は好きな役者のひとりで、今っぽくもあり
サービス精神旺盛、メリハリの効いた芝居で
ほんとかっこいいんです。


20130520_a.jpg

ちょっとだけ雰囲気を・・・。
今回は西側の仮花道の横の出孫席(でまごせき)と言われるちょっとゆったり目の特別席でした。
手前に少しだけ見えてるのが仮花道、向こう側に花道があります。
一度くらいは歌舞伎座にも行ってみたいものですが、ここ金丸座は日本最古の芝居小屋と言われるだけあって
こぢんまりとして客席と舞台がホントに近いので見応え十分です。


20130520_b.jpg

襲名披露口上の前の祝い幕です。
龍馬伝での共演以降交流の深い福山雅治から贈られてます。
以前テレビでちょうどこの祝い幕をつくっているところを見ましたが
歴代の隈取りを重ね合わせてデザインしてました。
猿之助らしい感じ。


20130520_c.jpg

今回は天井からまさに降り積もるほどの紙吹雪が降ってきて圧巻でした。
上演中はもちろん撮影禁止なので、幕間しか撮影できないので残念!


今一番観たいのは、市川猿之助と市川中車(香川照之)の従兄弟競演!!
2人の競演はおもしろいだろうなと思っていたらホントにありました!

6月博多座大歌舞伎 6月2日〜
http://www.ennosuke.info/stage/2013/06/post-11.html

興味のある方はぜひ!!
ジャンルにかかわらず一流のものを観ることは、いいものです。


Home | Category : KURIHARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top