• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2012/12/17(Mon)

日本逆輸入

こんにちは、デザイナーの藤原です。

2012年もあと2週間を残すのみとなり、さすがに巷にも年の瀬感が漂ってきました。
2週間とは言っても来週のクリスマスを過ぎると除夜の鐘まではあっという間ですよね。

 突然ですが、みなさんはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)って利用したことありますか? 簡単に言うと「インターネットを使ったおつきあい」のようなものでしょうか。mixi とか GREE とか Facebook とかいろいろありますよね。私は2年ほど前から Facebook を利用しています。ワンコインメンバー間での情報共有のために始めたのですが、以来仕事の合間にちょっと覗いたり書き込んだりしているうちに少しずつ友達も増えてきました。うれしいのは、遠くに住むもう何十年も連絡が取れなくなっていた友人たちからメッセージが届いて交流が復活することです。いつしか疎遠になって、もう会うこともないだろうと思っていた友人たちとまた繋がることができるのは、実名登録が必須の Facebook ならではの醍醐味じゃないでしょうか。

 懐かしい顔に再会できるのもうれしい限りなのですが、知らない人と出会えるのもまた SNS のいいところですね。ちょうど1年ほど前、ロッド・ウォルターズさんというイギリス人の方から友達申請をいただいたのですが、どうやら以前制作させていただいた外国語版パンフレットの翻訳をしてくださった方だということがわかり、早速承認させていただきました。ロッドさんはよく松山をはじめとした愛媛県内の写真を Facebook に掲載されているのですが、その中にどうも見覚えのある町並みや風景が多い気がしてよくよくプロフィールを見てみると、なんと我が家のすぐ近くにお住まいの方でした。いや、ホント世間って狭いです。

 そんないきさつでロッドさんの写真をよく拝見するのですが、「面白い!」って感じることが多いんです。私自身写真はとても好きで、高校時代から一眼レフカメラを持ってよく写真を撮っていましたし、今でも仕事柄プロのカメラマンの方と仕事をさせてもらうことも多く写真を見る機会は多い方だと思うのですが、彼の写真は何か違うような気がしてずっと気になっていました。いろいろと理由を考えてみるのですが、やはり「外国人が撮った写真だからではないか」という考えにたどり着いてしまいます。私たち日本人が小さい頃から日常的に目にしている「何気ない風景」が、外国で生まれ育った彼の目には「面白い風景」に映るのかも知れません。しかし、その写真はそんな風景を見慣れているはずの私の目にもなぜか新鮮に映るんです。だとしたら、彼のフィルターを通したその「何気ない風景」には、私たちが普段気づいていない「日本の良さ」に繋がるヒントがあるのではないか、そんな気がしてきました。

 ロッドさんの写真をもっと見てみたくなった私は Facebook でメッセージを送って、図々しくも彼の家にお邪魔することにしました。住所をうかがってカーナビの案内通りにクルマを走らせたのですが、それらしい建物が見つからず途方に暮れていると、向こうから歩いてくる女性と小さな男の子。約束の時間も迫っていたので道を尋ねようと思って近づくと、その男の子がはっきりハーフと判る端正な顔立ち。「これは間違いない!」と思い「こんにちは!ロッドさんの奥さんですか?」と笑顔で話しかけると、返ってきた答えはまさかの「いいえ」。「え?マジ?」ズッコケそうになりながらも話を続けると「あ、でもロッドさんの家なら知ってますよ」とのこと。おかげさまで見晴らしのいい高台に立つ煉瓦造りの家にたどり着くことができました。

 ロッドさんはイギリスのブリストルという街のご出身でマンチェスター大学を卒業後日本へいらしたそうで、ご職業は翻訳家。あとナレッジトラベルパートナーズという団体で旅行業コンサルティング、ジャパンツーリストという団体で外国人に向けて日本の観光案内をされているとのこと。日本に来た理由は「日本が好きだから」だそうです。ちなみに使っているカメラは Apple の iPhone(!) で、一眼レフカメラは持っていないとのことでした。

逆輸入01
Photographs by Rod Walters

 瀬戸内海が一望できるロッドさんのご自宅兼オフィスで写真をひととおり見せていただいたのですが、やっぱり面白い! 私なら恐らく目を止めることがないであろう、毛糸の帽子を被っているお地蔵さんや、おみくじを結んでいる木の枝、錆びて野ざらしになっている農機具、黄金色に輝く見渡す限りの稲穂…なんだか懐かしい気分になったり、思わず微笑んでしまうようないい写真が目白押しです。

 子どもの頃、親にせがんでおみくじを引かせてもらい、それを境内の枝に結ぶように言われて以来なんの疑いもなくその言いつけを守りつづけてきた私は、おみくじを結んだ木の枝を見てもなにも感じることはないのですが、おみくじそのものを知らない外国人がそんな光景を見たら、ハテナマーク3つぐらいの不思議な光景なんでしょう。いつもそこにあるとついその良さに気づかなくなることって、実は風景の他にもいろいろあるような気がしました。

 今回ロッドさんにお会いして思ったことは、外国人が面白いと感じる日本って、私たち日本人にとってもやはり面白いということです。日本の良さの「逆輸入」ってところでしょうか。ついつい見逃してしまいがちな日常の中に実はこんなにもいい風景が隠れているということは、私にとっても新しい発見でした。

 お邪魔ついでにロッドさんからいろいろとお話をうかがったのですが、やはり海外には日本の面白い情報があまり伝わっていないみたいです。なるほど、外国人が見て「面白い!」って思えるものに私たち日本人が気づかないのだとしたら、その日本人が企画した外国人観光客の誘致企画なんてものが効果を発揮するとは思えませんよね。ロッドさんの写真を見てそんなことを思い、そしてロッドさんの写真なら日本そして松山に興味を持って足を運んでくれる人がいるんじゃないかな、とも思いました。

 いつかみなさんにもっとたくさんロッドさんの写真をご紹介できればと思っています。是非お楽しみになさってください。

逆輸入002
ロッド・ウォルターズさん ご自宅前で

ジャパンツーリストホームページ http://japantourist.jp
ジャパンツーリストフェイスブックページ https://www.facebook.com/Ehime.JapanTourist.jp


Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top