FC2ブログ
  • プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2020/03/17(Tue)

鍛冶職人 白鷹幸伯氏

デザイナーの片岡です。

ちょっとおくれた支払いや確定申告の準備のために近くの銀行へ行き、待ち時間に手にとった本に白鷹幸伯氏の紹介があり読み入ってしまいました。

白鷹幸伯氏は松山市生まれの鍛冶職人で日本の建築文化財保護や古代の大工道具の再現に貢献され、片岡も加入しているデザイン協会では講演や仕事場の見学等、いろいろとお世話になった方です。
初めてお会いしたのはもう18年前の事で、飄々としてなにか卓越したおじいさんという印象でした。
2017年にはお亡くなりになったとお聞きして、できればもう一度お話しをお聞きしたかったなと残念に思っていました。

sirataka・ソ1

話はかわりますが、片岡が物事を考えたり、なにかに取り掛かる時、よく参考にする本があります。
法隆寺の宮大工、西岡常一棟梁の著書「木に学べ」です。高校生の時、現代国語の教科書に掲載されていて、とても共感し何度も繰り返して読みました。
その西岡常一氏が、日本の文化財的価値のある建築に使用するために、千年の年月にたえる釘の制作を依頼したのが白鷹幸伯氏です。
そのやり取りは、今では小学5年生の国語の教科書(光村図書)に「千年の釘にいどむ 内藤誠吾著」として掲載されていたり、松山市でも小中学生の副読本「ふるさと 松山の心」に松山の偉人として白鷹幸伯氏を紹介されていて、多くの子どもたちが授業の一環としいて学んでいるそうです。

sirataka・ソ2

上;切り出し。「以戦艦陸奥古材造之 興光」と文字が彫られています。
下:平安(鎌倉)型の和釘

白鷹幸伯氏の「鉄、千年のいのち」もぜひ、読んでみたいと思います。

sirataka・ソ3

残念。1997年発刊でジュンク堂にも明屋書店にもありませんでした。
もちろん問屋さんの方にも在庫はないそうです。amazonで古本を気長にさがすとします。

Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top