FC2ブログ
  • プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2018/07/16(Mon)

はじめての災害ボランティア参加

はじめての災害ボランティア参加

ワンコインの小川です。

三連休の7/15(日)、恥ずかしながら54歳にして、
はじめての災害ボランティアに参加してまいりました。

お手伝いさせて頂いた先は、西予市野村町の老舗 緒方酒造さん。
(※お店の方の了解をいただき写真も掲載させて頂いています)
実はこのお店のことを全く知らなかったのですが、ボランティア作業の終わりに、お店の方々とお話をさせていただいた中で知ることになりました。とても有名なお店でした。

~~~~~~~~~~
<緒方酒造さんのご紹介>
酒蔵
※↑酒蔵の写真は”愛媛県酒造協同組合”HPより引用。被災前の写真です。

◆1753年創業の老舗酒蔵
◆緒方惟貞(これさだ)さんは、今も野村町で続く乙亥大相撲(おといおおずもう)の創始者
◆緒方洪庵(こうあん)は江戸時代に活躍したお医者さん。
(TBSのTVドラマ JIN‐仁‐では、武田鉄矢さんが演じていたお医者さん)
関連サイト
【愛媛県酒造協同組合】
【せいよ観光物産サイト】
【愛媛新聞 記事(2018/7/15)】
~~~~~~~~~~

社長さん曰く、どんな洪水が起きても、この蔵の高さより上には来ないと江戸時代より言われ続けていたそうです。
たしかに、蔵から肱川の方を見下ろせば10m以上はありそうな高さです。こんなところまで濁流が押し寄せて来たのかと思うととても怖いです。
今回は、蔵の建っている高さよりも、さらに約1mも上回る水位であったため、蔵の中にある大きな鉄製タンクはほとんど浮いてしまい、歴史ある書物、道具類や、隣接するお宅の家財道具等の多くは泥水でぐじゃぐじゃ状態でした。

※↓写真:作業に没頭していたため、まともな撮影ができていません。。
IMG_5957.jpg
IMG_5959.jpg
IMG_5960.jpg
IMG_5969.jpg
IMG_5970.jpg

<ボランティア作業(午前の部)>
このぐじゃぐじゃ状態の、何からすればいいのか?
私を含め30人くらいのボランティアが酒蔵(日本酒製造の酒蔵)に入り、あたふたしている中、
店主から「ぜんぶ捨ててください!」と、とてもわかりやすい作業指示。
えっ!ぜんぶ捨てるてて・・・ 歴史あるモノばかり。洗えば使えるのにとも思い、
一瞬戸惑いましたが、店主からの指示ということで、全員が自然と一つになってバケツリレー方式で回収トラックまで運び、
午前中の2時間あっという間にメインの酒蔵はきれいになりました。
みんなでやれば出来るんだ!基本的なことですが、あらためて実感しました。

<ボランティア作業(午後の部)>
1時間の食事休憩のあと、午後の作業は、5mくらい低い場所にある焼酎製造の酒蔵に移動。
ところが、蔵の中を見ると、先ほどの蔵よりもっと悲惨。場所が低いということで、タンクが天井まで浮き上がって天井を破壊している状態、
「これは作業できない。崩れて大事故になったらいけない!」と店主の判断で蔵内の作業は中止となりました。
その代り、蔵の外には、濁流によって押し流せれてきた大きなゴミ(どこか冷蔵庫、家具、お店の看板、倉庫の鉄骨類・・多数)が山積みになっているので、作業車が入れるよう道を確保してほしいとの要望で、ゴミの撤去作業をボランティアでやりました。

午前中は蔵の中で比較的涼しい環境でしたが、午後は炎天下の作業。
日頃より、同世代の人よりは体を動かすことはしていますが、インドア派のため、太陽の光・熱にはめっぽう弱いので、私にとっては壮絶な戦いでした。(すいません。大げさですが)
30人中10人くらいは手慣れた人たち、いわゆるガテン系の皆さん。皆力持ちで、トラックへの荷積み作業がとても手際よくカッコよかった。
私は、熱中症にだけはならないよう水分をまめにとりながら、時には日陰に入りながらなんとか2時間の作業を終えました。
あと1時間あったら倒れていそうでした。。。情けない。

<唯一、私が役立ったこと>
倉庫壁に張り付いたトタン板を剥がすのにみなさんが苦労していたので、
私が横蹴り中段、上段を使ってぶち剥がしました。空手も役立つものです。笑

<最後に>

・緒方酒造様へ
とても落ち込んでいらっしゃるはずなのに、私たちには笑顔で接して頂き、思い出話もたくさんして頂き、
おまけに、かき氷等の差し入れまで頂き本当に感謝感謝です。
大変でしょうけど、「緒方酒造」復活に向けて頑張ってください!!
今後も出来ることはお手伝いさせて頂きます!

・ボランティアスタッフの皆さんへ
本当にお疲れ様でした。
当初、家族3人で参加予定でしたが、急遽、娘がいけなくなり、嫁さんと二人での参加となりました。
初心者の私どもでも、的確な指示で上手く使って頂き、少しでもお役に立てたことが嬉しかったです。
見知らなぬボランティアスタッフの方々から、たくさんのお礼を言って頂き、とても有難かったです。
私がお話した人は、野村出身で、普段は地元を離れ市外に住んでいるが、ボランティアのために地元に戻ってきていた人が多かったようです。
皆さん、やさしい良い人ばかりでした。

・マツヤマワンコインアートプロジェクトとして
売り上げの一部を”平成30年7月豪雨災害義援金義捐金”として寄付したいと考えています。

今回はボランティア活動を通じて、夫婦ともども、とてもいい経験・勉強をさせて頂きました。本当にありがとうございました。
一日も早い再建をお祈り致します。

-------------------------------------------------------------------------
これからボランティアに参加してみようと思っている方へ
-------------------------------------------------------------------------
参考になるか分かりませんが、西予市のボランティア参加の場合です。

(1)はじめに、HPでボランティア受け入れの窓口を探して、友人が多く住んでいる西予市野村に決めました。
http://www.city.seiyo.ehime.jp/kinkyu/4956.html
長靴、軍手、帽子、マスク、日焼け止め、塩飴、水を準備しました。
※私は、お水やお茶よりも、”経口補水液オーエスワン”がとてもよく効きました。

(2)集合場所
野村運動公園に車を置き、送迎バスに乗り換えて、乙亥会館のボランティアセンターに移動。
※結構速いペースで送迎バスがありました。

(3)手続き
参加書類に記入、保険にも入り、オリエンテーションを受講。
IMG_5956.jpg

たくさんのボランティアの人たちが作業現場への指示待ちで順番を待っていました。

(4)作業現場へ移動
私たちは、運良く、すぐ隣の緒方酒造に決まり、ボランティア責任者の方と、歩いて現地へ。
※通常は、送迎バスで移動だと思います。

(5)作業時間(午前2時間、午後2時間)
被災者の方とあいさつ、ボランティアサイドも責任者を決めて、被災者の方の指示のもと作業開始。
2時間の作業中は、みんなで休憩が無かったので、個人個人、自分のペースで休憩、水分補給をすることをお勧めします。
みんな一生懸命作業しているので、休みづらい状況にありますが、無理して倒れては迷惑をかけることになるので積極的な休憩をお勧めします。

(6)作業終了後は、ボランティアセンターへ
作業完了報告のため、名前シールを返却して、水分補給し、汚れた長靴等洗浄してすべて終了です。
Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/02/07(Wed)

【愛媛の自慢】地細工紺屋 若松旗店さん

こんにちは、ワンコインの小川です。

先日、飛鳥乃湯泉のポストカードを制作させて頂いたのですが、
その際、休憩室(個室) の一室に、八幡浜の若松旗店さんの作品を発見!!

asuka_C262.jpg
↑大国主命・少彦名命(すくなひこなのみこと)の伝説をテーマとしたオリジナル作品で壁面を飾っています。
  マツヤマワンコインアートのポストカードより 

7年前ほど前になりますが、私は「いよのよいモノ」 という愛媛の 「伝統の技×スタイル×遊び心のある逸品」 を掘り起こして県外へと紹介するプロジェクトに、ワンコインチームとして参加させて頂いたことがあり、その中で若松旗店さんの取材させて頂きました。
当時を思い出しながら、あらためてご紹介させて頂ければと思います。

<こんなお店です>
愛媛県八幡浜市の商店街から少し外れたところにひっそりと佇む趣のあるお店。
江戸末期の文政5年(1822年)に創業、190余年の歴史を持ち、
現在は、ご家族で、祭礼装束、神社の紋幕や幟、辻幟などの多岐に渡る作品を製作されているようです。

HMP_4179.jpg
↑写真は7年前に撮影したもです。

和紙でできた筒にもち米を糊にした防染糊を入れ、
それを絞り出しながら手描きで模様を描く「筒描染つつがきぞめ」。
糊で白地を残すのが特徴で、型紙では出ない線や輪郭が表現されます。

HMP_4167cut.jpg
HMP_4165.jpg
HMP_4105.jpg
HMP_4197cut2.jpg


若松さんの作品は、どれもアートで趣のあるデザイン。
国内での人気はもちろんですが、海外においても、室内に飾れる五月幟のタペストリーを製作し、ギリシャ、カナダ、ベルギー、フランス、香港などで高い評価を得、喜ばれているようです。

ちなみに、毎年恒例の兵庫県・西宮神社の一大イベント「十日戎開門神事福男選び」が全国ニュースで放映されますが、ゴール場面の後ろに若松旗店さんの製作・奉納した戎さんの旗が映ってました。(※すいません今現在は分かりません)

このように、ワールドワイドで活躍されている若松旗店さんを愛媛県人として尊敬いたします。
これからも頑張ってください!
私たちも地道にコツコツ頑張ります!!(^^)


*** 若松旗店さん関連情報 ***

地細工紺屋若松旗店
愛媛県八幡浜市浜之町182-2
TEL 0894-24-0691 FAX 同

<飛鳥乃湯泉で見られる愛媛の伝統工芸>
https://dogo.jp/onsen/asuka/craftsman

<マツヤマワンコインアートの過去のBlogより>
http://matsuyama1coin.blog109.fc2.com/blog-entry-63.html

<愛媛西方圏ブログ>
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/blog-entry-303.html?sp

<西宮神社>
http://nishinomiya-ebisu.com/ebisu2018/kaimonshinji.html
Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/11/23(Thu)

【ご報告】「すごいもの博2017」無事終わりました!

皆さま、こんにちは!ワンコインの小川です。

今年は、とても寒い2日間でしたが、なんとかお天気にも恵まれてたくさんのお客様に来ていただきました。

ワンコインアート・ポストカード販売をはじめ、年賀状・カレンダー撮影会

話題のインスタ映えするサンドイッチ「ルリイロサンド」さん

我らがenowaのんちゃんのコーヒー「たべもの雑貨 enowa」さん

道後の素敵な雑貨とカフェ「歩音(あるね)」さん

そして大好評のオリジナルブレンドを焙煎してくれた徳島の「aalto coffee」さん

KURASU矢野さんの素敵なオリジナルスケジュール帳販売
・・・等
すべて大好評、大盛況!!過去最高売上!!笑^^

1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12

お越しいただいた皆様、ご協力頂いたスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
来年も機会がありましたら出店するつもりですので、是非ともよろしくお願いします。

今年もあと1か月。
たくさんご注文いただいているワンコインオリジナル年賀状の
撮影、制作を頑張って、今年を気持ちよく締めくくろうと思います。

皆さまも風邪などひかぬよう体調管理に気を付けてください!では!
Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/09/04(Mon)

季節外れの昆虫採集

ワンコインの小川です!
前回は、ハツカネズミを飼っていた頃のお話しをご紹介させて頂きましたが、
今回は、昆虫採集と飼育のお話です。
ちょっとキモイ写真もありますがご容赦ください。

一般的に、昆虫採集といえば夏ですよね!
でも、私は、夏は蚊やハチはいるし、何よりヘビが怖いので秋から冬にかけて行っていました。


えっ!
そんな時期、寒いし昆虫はおらんでしょう!?
と思われる人が多いはずです。

実は、成虫でなく幼虫ねらいなんです。

採集場所は、雑木林の腐った倒木などです。
市内の山にも意外と普通にいます。
大半の人は、ただ山に入っても、どこにいるか分からない人が多いと思います。

ポイントは、腐った倒木でも、見た目、匂い、キノコの生え具合等です。
私は、小さいころからの感覚で分かるようになりました。。。

★写真は、今や20歳になっている息子ですが小学1,2年の11月頃に山に登って採った幼虫たちです。

IMG_2561_20170830195511743.jpg
IMG_2558.jpg


キモイでしょう~!笑

私は子供のころから、こんな幼虫が大好きでよく飼育していました。
大きな幼虫はカブトムシの幼虫、それ以外はクワガタです。
クワガタは、市内で採集されるものは、コクワガタ、ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ等がほとんどです。
※ちなみに、コクワガタは11月頃でも木の間に隠れて生きています。



★こんな容器に入れて飼育します。

54fbeed2-s[1]

★白いのは菌糸で幼虫が食べている様子がよく分かります。菌糸を食べることで通常のオガクズ等よりも大きく育ちます。

aa7b274b[1]
 

寒い冬を越させるため、ヒーターを設置して温度管理したり、
少しでも大きな成虫に育てるため、栄養価の高い土をあたえていました。
クワガタは、蛹になるまで何クワガタか分からないため、
春が来るのがとても楽しみでした!^^

それからは、毎年採集するのではなく、
我が家で育った成虫を交尾させて卵から幼虫と・・・育てていきました。





・・・・






ご想像の通り、我が家は幼虫だらけ、収拾がつかなくなり、
結局、処分に困り、昆虫専門店に買ってもらいました。
(前回のハツカネズミのネズミ算式に続き学習能力のない私でした(—))

★【番外編】オオクワガタも飼育しました。
☆ 美しい~!☆

IMG_4049.jpg
IMG_4169.jpg


ちなみに、写真はオオクワガタの蛹と、羽化したときのもの。
さすがに、オオクワガタの採集は出来なかったですが、昆虫店でペアを購入して卵・幼虫・蛹・成虫と育てていました。

最近では、もう昆虫を飼うことはしていないですが、
ご興味のある方は、ぜひ私に聞いてください!
採集・飼育方法など少しはアドバイスできると思います。

さて、
来年のワンコインポストカードは、愛媛の昆虫編でも作ろうかな・・・



冗談です。。。(^^)

Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/06/30(Fri)

小川家のペット「チュー太とチュッポン」

ワンコインの小川です!

小学校の頃、ペットしてハツカネズミを飼っていました。
今でこそ多種多様なペットが売られていますが、
当時は、イヌネコ以外では、亀、ねずみ、モルモット等・・・が多かったと思います。

ある日、小川少年は、三津のペットショップの店先に置いてあった2匹のハツカネズミにくぎ付け。
かごの中を元気よく駆け回る2匹、きれいな白い毛と赤い目がとてもキュートでたまらんかったです。
店主曰く、オス2匹!
金額もお手頃(150円*2匹=300円)だったので即購入。

↓かわいいー! ※イメージ写真
135095172927013121348[1]

引用先:http://23726223.at.webry.info/201210/article_2.html

早速、チュー太とチュッポンと命名し、飼育生活がはじめりました。

まずは、2匹が喜ぶ生活空間をと思い、
回し車以外に、トンネルや滑り台、小屋等制作しました。
元気よく走り回るチュー太とチュッポンを見るのが毎日癒しのひとときでした。

ところが、飼い始めて1か月あまり、

チュッポンのお腹が大きくなり妊娠しているのに気づきました。
騙された~~~メスやん!。。。(- -)

ハツカ(20日)ネズミというだけあって、妊娠期間は約20日です。
7匹のかわいい子供が生まれました。

生まれたときは、毛も生えていないピンク色、
それが、しばらくすると白いふわふわの毛に覆われ、ぴょんぴょんと跳ね回ります。
とてもかわいいこと。毎日、手のひらに載せて鑑賞したものです。

↓当時の私。
IMG_3572.jpg

↓回し車で遊ぶ様子 ※イメージ写真
1025h4[1]
引用先:http://hiyoko0905.blog54.fc2.com/blog-entry-208.html

皆さん、この先の想像がつくかと思いますが、







この調子でネズミ算式で・・・・・・次から次へと・・・・・







↓ぎゅうぎゅう詰め状態 ※イメージ写真
hatsukanezumi04[1]
引用先:https://hatsukanezumi.etc64.com/

気が付けば、200匹を超え、飼育ケースも5ケース以上になってました。

ひとケース内に、50匹近く入れると、共食いを始めたり、病気にかかったりするため、
その度に、動物病院に連れて行き、一匹2,3000円くらい治療費がかかっていたと思います。

犬や猫のように避妊をするわけにもいかず、もう手におえない状況になり、仕方なく手放すことを決意しました。

子どもなりに処分方法を考え、

その結果
50匹を、そごうの屋上(?)のペットショップで一匹50円で買い取ってもらい、
残り150匹を、当時の道後動物園に持っていき、ただで引き取ってもらいました。
飼育担当の方が、「ぼく、代わりにモルモットあげようか?」と言われましたが、
もうネズミ関係は懲り懲りだったの、丁重にお断り。

言うまでもなく、それ以降ネズミを飼うことはありません。。。

皆さんもネズミにはくれぐれもご注意ください!(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回は、昆虫編をご紹介します。
↓息子と昆虫採集に行っていた頃の写真
IMG_2561.jpg

Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top