• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2018/04/03(Tue)

20歳までに、僕はいくつの河を渡るだろうか。

デザイナーの片岡です。50歳になってしまいました。
という事で「Wait! Stop to turning 悲哀灯る フェリーボート~♪」

0402ad.jpg


1980年代、世の中はラジカセブーム。東芝ボムビート、三洋Wテレコ、ソニーのドデカホーン、日立パディスコ、アイワのフットワーク....。
オーディオ大好き、中学生の片岡はダイイチ電業(現エディオン)からもらってきたたくさんのカタログと毎日にらめっこ。その中でも当時ほしくて、ほしくてしょうがなかったラジカセがパイオニア、ランナウェイ。もしかしたらのCMソングがシャネルズの「ランナウェイ」で憶えていらっしゃる方がいるかもしれませんが、片岡はもう絶対、柳ジョージ&レイニーウッド「さらばミシシッピー」バージョンです。
ちなみに商品広告のコピーは....................
「20歳までに、僕はいくつ河を渡るだろうか。―――――――――
ひとりになりたい時がある。渡らなければならない河を、目の前に見る時がある。そういう時、音楽は僕の気持ちを透明にする。前を向き、いま新しいランナウェイ。 」
生まれて今まで河(川)のそばからはなれた事がない片岡です。これ以上自分のツボにはまった広告やCMはないのではないかというくらい好きです。当時は中学生でデザインの「デ」の字もしらなかったのですが、今あらためて調べてみるとコピーは「男はだまってサッポロビール」の秋山昌氏、写真は木津康夫氏、デザイナーは関勲氏のようです。(ちがっていたらすいません)カタログを今でも大切にもっています。80年代の広告は今みても郷愁だけではない「なにか」を感じます。この広告のテイストが好きで、現在の広告でいえば「いいちこ」や「二階堂」の広告が近いモノのでしょうか。ワンコインのハガキにもテイストの近いモノがあってやっぱり好きです。

0402st400.jpg
手にいれた、PIONEER RUNAWAY SK-400 ¥49,800(1981年当時)


14歳の片岡には5万円近い金額はとても手がでるシロモノではありません。36年たってしまいましたが、50歳の誕生日に自費で自分にプレゼントです。ヤフオクです。もちろん、ジャンク。手にいれたこのラジカセはどこかの工場でラジオのみの使用だったそうです。筐体はシンメトリー、駆動部やスピーカーのバランスもよく、今みてもとてもきれいなデザインのラジカセだと思います。少し機械いじりができるので時間のある時にいじる楽しみがまた増えました。
RUNAWAY SK-400....50歳の春の日に、いくつ河をわたったのか考えるより、いろんな事からランナウェイしたいジャンクな片岡でした。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/12/25(Mon)

歩いて5分。伊丹十三記念館。

デザイナーの片岡です。

小野川と川附川が合流するここは、遠い昔、矢野サーカスや木下サーカスがやって来たり、丸太と土の崩落寸前の橋で度胸試しをしたり、少し上流にある星岡温泉の試掘場で捕まえた亀を泳がせたりした思い出の場所です。
あれから40年。
家から5分。
今では「伊丹十三記念館」です。
jyuzo_1.jpg
正面玄関。すぐ近所に一六本舗の本社ビル。
一六本舗の社長さんは伊丹十三さんと親交が深く、映画の出資や、伊丹プロダクションの社長も兼任されているとか。それで一六タルトのコマーシャルに「よいよーいかん。ぼけてしもた」と出演していたのか........古い。
伊丹十三記念館の設計は建築家 中村好文さん。ブログにはのせてませんが一六本舗の本社ビル(1993年)は伊東豊雄さん
設計。ビルの中にはサン・アドの葛西薫さんの個人的な作品があるという話です。
一流がこんなに近くにあっても全然、勉強してません。
亀をつかまえたり、鮒を釣るのに忙しくて。
jyuzo_2.jpg
上は、クルクルと回して見る十三さんのイラスト。
中の展示は映画監督、エッセイスト、商業デザイナー、イラストレーター、CMクリエーター、ドキュメンタリー映像作家、俳
優等、多彩な才能をテーマごとに展示。アナログ時代が懐かしく、あたたかい。
jyuzo_3.jpg
料理通でもあった伊丹十三さん。
片岡にとって伊丹映画は「食」「生」「死」のイメージが強く、「タンポポ」ではギャング役の役所広司さんが死ぬ間際に愛人?に
食べ物の話を一生懸命したり、危篤の母親が子どもにチャーハンを作って、美味しそうに食べている様子を見て死んでしまうと
か.....。「生きる事、食べる事、死ぬ事+エロチシズム...。」
十代の頃、この映画をみていろいろ考えました。
jyuzo_4.jpg
いろいろ工夫された展示物。
jyuzo_5.jpg
空間の使い方が心地よい中庭。ここで少しづつ、変わる季節をみていたい。
jyuzo_6.jpg
愛車のベントレー。若い時にはエランにMGだそう。もしかして英国車好き?
jyuzo_7.jpg
33号線から望む記念館。右が小野川で左が川附川。中央には星岡山で右をみれば東山、左をみれば天山。道路もよく整備されてるわりには通行量も少なく、近隣住民の格好のお散歩コースです。
片岡も自転車通勤をする時にはこの道をよく使います。
jyuzo_8.jpg
いただいたチラシの伊丹十三さん。
80年代、片岡がおもしろかったと感じていた日本映画と、その監督の人となりがわかる「伊丹十三記念館」。また遊びにいきたいと思います。ただ、近すぎていつでもいけると思うとなかなかいかないんですけどね.....。

2017年も後1週間。今年もワンコインアートを応援して下さった方、
スタッフブログも見て下さった方、
ありがとうございます。
来年も、よろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/07/31(Mon)

海洋堂ホビー館四万十へいってきました。

デザイナーの片岡です。
念願だった「海洋堂ホビー館 四万十」に先日やっと、行くことができました。家か
ら片道130km。高速もつかわず、ただひたすら、山道をクネクネ走って3時間。へんぴ
なところにある、オタクとマニアを唸らせるフィギアの聖地。映画、アニメ、歴史的
価値のあるモノや、宗教、アート、絶滅した恐竜や動物、食玩までありとあらゆるフィ
ギアが展示されています。
自称、オタクではない、マニアでもない片岡でも、知っている海洋堂。
専門学生時代、バイクの試験場が門真にあったので通り道の「海洋堂」はいつも気に
なる存在で、研修旅行で東京にいった時には、友達と道玄坂の海洋堂ギャラリーに等
身大の「ゼイラム」を見にいってショックを受けたのを今でも思いだします。

kaioudo_01.jpg

やっと看板を見つけてひと安心。

kaioudo_02.jpg

小学校の廃校を利用した「ミュージアム」。

kaioudo_03.jpg

美少女フィギュアには興味は無いけれど.......

kaioudo_04.jpg

アルフォンス・ミュシャに、

kaioudo_05.jpg

カルトムービーかな?「ザ・フライ」のハエ男に、グレムリン。

kaioudo_06.jpg

ポーズをとることができる仏神に、

kaioudo_07.jpg

職人の道具(とても小さいです。一つが3cmくらいでしょうか)。

kaioudo_08.jpg

中にはいれば、子どもの気持ちにもどれます。当たり前ですが、駄々をこねても、今
も昔も買ってはもらえません.....。

kaioudo_09.jpg

少し距離は離れていますが、「海洋堂カッパ館」の方にも立ち寄りました。

kaioudo_10.jpg

こちらには「かっぱ造形大賞」で集まったかっぱを中心に1000体以上。
なかなか見ごたえあります。

写真には上げていなのですが、ホビー館には手塚治虫さんのブラックジャックや横山
光輝の鉄人28号、ジブリや、カルピス劇場なんかのフィギアもありました。そういえ
ば、ポップアートの旗手、村上隆さんの作品(なんと16億!)にも海洋堂さんの美少
女フィギア原型師(ここでは模型やフィギアの元元を作る人)が参加していると
か.....。

今回、四国地図(スマホもカーナビももっていないアナログ人間)を見ながらバイク
でいって、小さいフィギアをじっとみていると.....。視力の低下がとてもよくわか
りました。そろそろ、メガネが必要かな~。

Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/05/30(Tue)

動物園の思い出

デザイナーの片岡です。
19日にワンコインアートのみなさんと砥部動物園にいってまいりました。
23年ぶりの動物園は、思い出がいっぱいという感じでは・・・・。
もう十分、懐かしいのですが、どちらかというと思い出深いのは「道後動物園」でしょうか。
園内の小さな用水路で「スルメ」を使ってザリガニ釣り、交通公園のような所でゴーカート(記憶違いだとすいません)、
ペンギンのカタチをしたゴミ箱、記念撮影の写真屋さん、ちょっとおどろおどろしい、はく製たち。
いろいろ思いだします。
当時は、梅津寺パーク、奥道後に次ぐ、お楽しみスポットだったと思います。
その中でも忘れられない道後動物園の思い出を・・・。

dobutsuen1.jpg

当時、小学校3年か4年の片岡は、「サッカー?テニスなにそれ?」って感じで、
ご多分に漏れず野球少年でした。
というかみんなで遊ぶとしたら野球しかしてなかったような気がします。
今日もセブンスター石井店裏の東山グランド(ため池を埋め立てた)で仲間と一緒に野球です。
運動オンチの片岡でも力まかせに打った打球は強烈です。
「ドサッ。」東山からグランドを覆うようにせりだした大きな木に打球があたり、
なにかが落ちてきました。見たことのない生物です。50cmはあるでしょうか。
目をつぶって口を空けています。ピクピクしています。
どうやら気絶しているようなのでとりあえず、一番近かった片岡の家に自転車のカゴに入れてつれて帰りました。
足にひもをつけ、母親にみてもらっていると正気にかえったようです。「ささみ」や「チーズ」を与えてみますが、
とても怒っていらっしゃる様で、さかんに威嚇してきます。今のように動物病院が近所にはありません。
みんなで相談して、「動物園につれていこう!」という事になり、
遠くはなれた「道後動物園」へ自転車のカゴにいれてつれていきました。

dobutsuen2.jpg

<現在の砥部動物園のフクロウさん。赤外線で昼でもおきていました。>

受付のお姉さんにでワケを話し、鳥舎まで案内してもらい、飼育員さんにみせると「これはフクロウの成鳥。
普段はネズミや、ウサギ、鳥などをつかまえて、くちばしや、ツメでエサを切り裂いて食べる。
野生のフクロウは人の手からのエサは食べないし、不用意に手をだすとぼくらでもかまれよる。
ようケガせんかったね。これは多分脳震盪をおこしてるかな。」という事です。
「野生の生き物は危険な場合があるのでみだらに近づいたり手をだしたらいけないよ。」と、
少しお小言もいただいたと思います。片岡たちにはそんな事よりも裏からみる動物園に興味津々です。
少しだけ、動物園を案内してもらい、帰り際にはアイスキャンデーをもらって「ただで見れてよかったな。」と
ご機嫌で帰ったのをよく覚えています。
あれからもう40年近くたちましたが、去年は、事務所の近所でケガをした野鳥を保護しました。
愛媛県の農林水産課に連絡しましたが、今は「鳥ウィルスの問題があるので動物園等では保護できないし、
野鳥を飼うと条例違反で罰金になります。放鳥か処分です。」との事。
一月ほどで元気になり飛んでいきましたが、時代の流れとはいえ、ちょっと世知辛いな~と感じました。
なにか珍しいモノがいるとついつい持って帰るクセはまだまだ、ぬけそうにありません。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/03/17(Fri)

断捨離とカオス。

デザイナーの片岡です。

みな様、確定申告は無事終わったでしょうか。
今年もなんとか駆け込み最終日、終了2時間前に提出してきました。
なぜ書類を作成するのに事務所がカオス状態になるのかが不思議です。

近頃、「断捨離」って言葉がとっても気になります。
片岡も断捨離という言葉は好きなのですが「モノを断捨離する。」「人間関係を断捨離する。」となぜか単純に「捨て去る事」イコールに使われる事が多いのではと感じます。

もちろん、それが真意だとは思いますが、若い時、読んだ本に断捨離とは、例えば「師と弟子の関係である」といった事がかかれていたと思います。
いうなれば、日本の「守破離」でしょうか?

まず、弟子はなにもわからないので師に教えを請う。教授されたり真似たりして弟子は一所懸命、教えや技を身につける。
するとそれらを身につけた弟子に自我(自分)や考えが生まれ、教えや技に反映しだすため、師の教えに抗う。師との間に「断り」が生まれる。

さらに弟子は精進し、やがて師からたくさん受け取った教えや技にさえも疑い、それらを「捨て」去る。そして自ら新しい教えや技をもった弟子は師から「離れ」一人立ちする。
といった感じだったような気がします。片岡はこの意味をもつ断捨離がとても好きです。(間違っていたらすいません。記憶もあいまい、ネットにもでてない、その事を書いてた本もどこへいったやらで........)

1_20170317093157808.jpg

片岡は都築饗一さんの「TOKYO STYLE」という本が大好きです。
内容は只々、部屋の写真、写真、写真.......です。それもモデルハウスやかっこいい部屋の写真は一枚もなく、どこかのだれかの日常の部屋の写真。
横積みになった本、棚に入りきらなくなったCDやレコード、脱ぎ散らかした衣類、狭小な部屋にキーボード(音楽)、山済みのプラモデル.......。

今流行の「断捨離」にはほど遠く、きっと部屋の主人はカオス(混沌)です。
もう十年以上前の本ですが、いつ見ても、この本は片岡を「ほっ」とさせてくれます。

2_20170317093158136.jpg


「モノを捨てるという事」と「モノを捨てないという事」。
どちらかといえばシンプルに生活するという事がもてはやされる今、まったく逆をいっている片岡からすれば「断捨離」という言葉でモノがすてられる人は、そのモノが本当に必要ではなかっただけなんだと思う様にしています。

そう思わなければ、今、自分の部屋の現状の言い訳になりませんから......。
それにしても地震がこわいな~。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top