FC2ブログ
  • プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2018/09/24(Mon)

日本三大急潮流


こんにちは、デザイナーの藤原です。

空が随分高くなってきました。もうすっかり秋ですね。

ちなみに秋の空が高く見えるのは、日本上空の気圧配置がそれまでの湿度の高い太平洋高気圧から乾燥した大陸性高気圧に切り替わるためで、乾燥した空気の中では光が屈折しづらく遠くまで届くからだそうです。つまり、秋の空が高く見えるのは日本特有の現象なんですね。

夏の終わり、今治の実家に東京から兄家族が帰省して来たので、両親を連れて今治市の大島に出かけ、来島海峡の急流観潮船に乗ってきました。

日本人は三大○○っていうのが大好きですね。「日本三景」とか「三大祭り」とか「三大河川」とか、あげくの果てには「三大頑固」「三大ドヤ街」なんてのもあるそうです・・・。例に漏れず、来島海峡も「日本三大急潮流」のひとつだそうで(あと二つは鳴門海峡と関門海峡だとか)観潮船に乗ると豪快な渦潮を眼前で観る事ができるそうです。

しまなみ街道・大島南インターで下り、道の駅よしうみいきいき館に到着。海鮮バーベキューで腹ごしらえのあと、目的の乗船場へ。切符売り場の人に14時の便を勧められて、1便前の乗船時刻には船着き場に着いていたのですが、その便の乗船客は定員42名に対したったの4名!「これは貸し切り状態かな~?」とか思っていたら、なんとその30分後の我々の便はほぼ満席状態!なんでも潮の状況によって渦潮の大きさがずいぶん変わるらしく、潮の流れの速い14時の便がこの日のベストなんだそうです。

程なく我々の乗船する観潮船が到着し、ライフジャケットを着用して乗船です。出航すると女性のガイドさんが手慣れたカンジで案内してくれるのですが、すぐに渦潮を観に行くのかと思っていたら、島々を巡りつつ村上水軍の歴史や来島海峡特有の潮の流れによる通行のルールなど、地元出身の私も知らなかったような興味深い話をいろいろ聞くことができました。

2018092401.jpg
乗船場。右奥に懐かしの今治・大島フェリー「第八おおしま」。フェリー便が廃止になった現在はチャーターフェリーとして活躍しているそうです。

2018092402.jpg
出港すると来島海峡大橋の中継地、小島(おしま)に向かいます。

2018092403.jpg
日露戦争でロシア海軍の侵攻に備え建設された28センチ榴弾砲のレプリカ(NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケで使用されたそうです)。小島には実物の砲台跡や兵舎跡が残っています。

2018092404.jpg
中央に見える建物は海上交通センターの潮流信号機。現在の潮の向きと速さが表示されています。来島海峡には4基の電光表示潮流信号機が設置され、海上交通センターではレーダーによる監視が行われているそうです。やはりこの辺りは難所なんですね。

2018092405.jpg
造船の街、今治のドック群。左から檜垣造船、浅川造船、今治造船のドックです。

2018092406.jpg
2018092407.jpg
2018092408.jpg
進水式を終えて艤装中の大迫力の大型貨物船の間に宇和島水産高等学校の実習船「えひめ丸」の姿が。

あれこれ案内してもらったあと、ようやく本日のメインイベント、渦潮の登場です!

「えーと、・・・・・・これ・・かな~?」といったカンジの渦巻きが現れては消え、消えては・・・現れたような、現れてないような・・・。ガイドさんもなんとか盛り上げようとしてくれているんですが、なにしろ縦型洗濯機を上から覗いたような大迫力の渦潮をイメージしていたわけで・・・まあ、自然相手なのでこんな事もあるでしょう・・・。ちょっと残念。あとで調べるとこの日は「小潮」だったようで、大潮の日に来ればこんな事はないんでしょう。なにしろ「日本三大急潮流」なんですからね。

2018092409.jpg
渦潮・・・ガイドさんの表情から類推するところ、今日の渦潮はイマイチだったみたいです。

所要時間50分、ひととおり渦潮を堪能して港へ戻るまでの時間は、この界隈のガイドさん定番「瀬戸の花嫁」の熱唱。・・・まあ、そんなユルいカンジも含めてなかなか楽しめました。

涼しくなってようやく行楽シーズン到来です。観光客気分で秋の来島海峡を満喫できるこのツアー、未体験の方は是非!大潮の日がオススメです。




Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/03/19(Mon)

カワズザクラ

こんにちは、デザイナーの藤原です。

気がつくと3月です。寒さもずいぶん和らいできましたね。

私はこの年になって初めて「花粉症」になったみたいです。
いままで完全に他人事で「たかがくしゃみや鼻水・・・」なんて軽く考えてたのですが
ホントすみません、完全に日常生活に支障をきたしてます(笑

耳鼻科の先生曰く、これからは毎年春になると症状がでるそうで・・・。
春は大好きな季節だけに、ちょっと憂鬱ですね。

そうは言ってもやっぱり春はうれしいもので、天気の良かった週末にちょっとお出かけしてみました。

場所は愛媛県・今治市の大角(おおすみ)海浜公園。高縄半島の最北端、夏になると海水浴客やキャンパーで賑わう公園です。展望台からは斎灘(いつきなだ)と来島海峡が一望できて、なかなかの絶景です。今回のお目当ては「カワヅザクラ」。菜の花・梅に続いて春の訪れを告げるヒカンザクラの仲間です。

この日は天気が良かったせいか、駐車場にも車が一杯で、なんと観光バスまで来ていました。どうやらみなさんカワズザクラが目的のようです。車を留めて公園に一歩入ってみると辺りはもう一面の桜景色で、正に「春爛漫!」でした。年末から長い間仕事場に引きこもっていたので、この光景には目が覚める思いでした。後ろに控えている春の王様「ソメイヨシノ」はまだつぼみが固そうでしたが、この様子だとカワズザクラに続いて咲き始めるんでしょう。

朝晩はまだ少し寒いですが、春はすぐそこまで来ています!

ヒカンザクラ01
ソメイヨシノと比べるとちょっと赤味が強めの花です。

ヒカンザクラ02
向こうに見えるのは来島海峡大橋です。ひねもすのたり、といったカンジですね。



Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/01/15(Mon)

綱敷天満宮

あけましておめでとうございます、デザイナーの藤原です。

もう1月も半月過ぎ、お正月気分もすっかり抜けてしまいましたね。

みなさんは「初詣」行きましたか?
私は人混みが苦手なので、毎年1月10日以降にひとけのない神社にお参りする事が多いのですが、今年はたまたま今治に帰省していた1月2日がいいお天気だったので、暇に飽かして散歩がてら近くの神社にお参りに行ってきました。

綱敷天満宮03

お参りしたのは今治市桜井・志島ヶ原の綱敷天満宮、かの菅原道真ゆかりの神社です。

今から1100年以上前、都の政争に敗れ九州・太宰府に向かった菅原道真は船旅の道中嵐に遭い難破、漁師に助けられたのがこの志島ヶ原。道真のようなエライ人が突然現れたので村は大騒ぎで、そんな人に座ってもらうような場所すらなく漁師たちが用意したのが漁で使う網だったそうで、それが神社の名前の由来だそうです。「網敷」ではなく「綱敷」なのはともかく、座るものがないからといって網なのか?・・・という気もしますが、まあそれぐらい何もなかったという事なんでしょうね。

綱敷天満宮02

綱敷天満宮には全国の天満宮同様「座牛」が祀られています。太宰府で亡くなった道真を運ぶ牛車が途中で止まって動かなくなってしまい、仕方なくその地で埋葬したのが太宰府天満宮の始まりだそうで、この牛に触れるとありがたい御利益があるそうです。そのほかにも、遭難した道真の濡れた烏帽子や装束を干した「衣干岩」が残っていたり、使い古された筆や鉛筆を納めると字が上達すると言われていている「筆塚」があったりします。

その後、道真一行は陸路松山を目指し、現在の松山空港近くの土地が気に入って3年も留まったそうで、遂には都からの勅使に促されとうとう太宰府に旅立ったそうです。その際、世話になった村人に対して「今からこの地を出ます」と伝え出発した場所が現在の「今出(いまず)」だったとかなんとか・・・。松山空港と重信川に挟まれた、私もよく釣りに行く今出漁港のあたりですね。

東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな

道真が太宰府に出発する際、自宅の庭の梅に向かって読んだ有名な歌ですね。「春になって東風(こち)が吹いたなら、その風に託して配所の大宰府へ香りを送ってくれ」という、ちょっと切ない歌なんですが、それに倣って綱敷天満宮にも梅園があり、毎年2月下旬に観梅会が行われるそうです。この日はまだつぼみでしたが、これからが見頃ですね。

これから受験シーズンが始まります。学問の神様として知られる菅原道真を祀った白砂青松の志島ヶ原、みなさんも一度お出かけしてはいかがですか?

綱敷天満宮06


Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/10/23(Mon)

秋の味覚

こんにちは、デザイナーの藤原です。

台風一過、めっきり涼しくなってすっかり秋ですね。
蒸し暑くて長い夏がやっと終わっていい季節になりました。

秋といえば、スポーツの秋、芸術の秋、行楽の秋、そして食欲の秋!ですね。

みなさんは、秋の味覚と聞いて何を思い浮かべますか?
秋刀魚、サツマイモ、栗、カボチャ、松茸、あと新米なんてのもいいですよね~。どれも美味しくて好きなんですが、わたくし藤原の秋の味覚ナンバー1は迷わず「柿!」です。

柿01

子どもの頃から毎年秋が待ち遠しいぐらい柿が大好きで、私にとってのキング・オブ・フルーツといえば、高級メロンでもブランドイチゴでも愛媛が誇る各種高級柑橘でもなく、この「柿」なんです。固いのも柔らかいのも、赤いのも黄色いのも、秋が終わると干し柿も(笑)。他のどの果物とも違う食感といい、「The 日本の秋」的な佇まいといい、なぜ世間で柿がもっとフィーチャーされないのか不思議です。周りの人にこの話をするとたいてい「柿?なんか地味じゃない?」なんて顔をされてしまうのですが・・・まあ好き嫌いですから仕方ないですね。

学生時代、新聞配達の途中に柿の木があって秋になると毎朝一個拝借して、かじりながら自転車漕いでたのを思い出します。もう何十年も昔の話なのでもう時効ということで・・・持ち主の人ゴメンナサイ(汗)。

もう県内各地の観光農園で柿狩りがはじまってますね。みなさんも涼しくて気持ちのいい秋の日に、お出かけしてはいかがですか?

Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/08/14(Mon)

流しそうめんと風穴

こんにちは、デザイナーの藤原です。

暑いですね!
毎日30度越えなんて当たり前で、「夏ってこんなに暑かったっけ?」ってカンジです。
シゴトで外に出るのもちょっと億劫になりますね。

というわけで、涼を求めてそうめん流しに行ってきました。

毎年夏になると県内のあちこちでそうめん流しが始まります。今回は東温市の上林水の元そうめん流しに行ってきました。車を約1時間ほど走らせると、もう自然いっぱいの山の中です。ここは皿ヶ嶺連峰県立自然公園という石鎚山系の自然公園にあり、車を降りるともう辺りはマイナスイオンでいっぱい・・・のような気がします。

混雑を避けるために11時ぐらいに着いたのですが、みなさん考えることは同じなのかもうクルマを止める場所を探すのに一苦労でした。なんとか止める場所を見つけてそうめん流しの建物に行ってみると既に行列です。受付を済ませて30分ぐらい待ったでしょうか、やっと順番が回ってきました。

そうめん01★

席に着くと待望のそうめんが流れて・・・こない!? そう、なぜかそうめんが流れてこないのです。しばらくするとチョロチョロっと5~6束ぐらい流れたかと思うと1分ぐらいなんにも流れてきません。またチョロチョロっと流れると1分ぐらい「待ち」です。「なんだこれ? コンロでも壊れたのか?」とか思いながら次の束を待つのですが、終始その調子です。

そうめん02★

ご存じの通り、流しそうめんっていうのは一つの樋(とい)を流れてくるそうめんの束をその周りに陣取っているお客さんが周囲に気を遣いつつ譲り合いながら食べるものなのですが、こうも供給が少ないとなると川下(?)の席に座ったお客さんなんか待てど暮らせどそうめんが流れてきません。私も比較的川下側の席だったので滅多にそうめんが流れてこないのですが、横目でさらに川下を見ると小さい子どもが「まだかまだか」と言わんばかりに樋を見つめています。「こ、これは取れない!」たまにしか流れてこないそうめんをスルーしつつけ、結局30分ほど座っていたにも関わらず数える程しかそうめんを捕まえることができませんでした。

そんなこんなで客の回転の悪さも手伝ってか、私が席を離れる頃には順番待ちの行列は当初の3~4倍ほどにも伸びていたでしょうか。並んで待っている方々、お気の毒です・・・。

店を出ると「風穴→」という看板が目に入りました。どうやらすぐ近くのようなので、気を取り直して散歩がてら行ってみました。看板に従って10分ほど歩くと、原生林の中に人が集まっているスポットを発見。近づいて見ると徐々に「風穴」の意味が判ってきました。

涼しいんです。それもかなり。標高もそこそこ高い森の中なので既にさほど暑くはなかったのですが「風穴」に近づくと、もうクーラーがかなり強めに効いた部屋にいるぐらいの涼しさです。案内看板によると、地下の空間に浸透した雨水が冬の間に冷たい外気によって地中に氷の塊「地下氷」というものを形成するそうで「地下氷」は夏になっても溶けることがなく、岩の隙間を通る風を冷やして吹き出すしくみになっているそうです。

風穴01★

風穴組写真★

辺りの岩の間からは白いもやがわき出し、美しい原生林をより神秘的に見せてくれていて、季節と時間を忘れさせてくれました。松山からはちょっと遠いですが、避暑にはうってつけのスポットですよ。流れてこないそうめん(笑)も、たぶんこの日だけのトラブルだったのではないかと思いますので、夏の暑い日に是非一度行ってみてはいかがでしょうか、オススメですよ。




Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top