• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2017/08/14(Mon)

流しそうめんと風穴

こんにちは、デザイナーの藤原です。

暑いですね!
毎日30度越えなんて当たり前で、「夏ってこんなに暑かったっけ?」ってカンジです。
シゴトで外に出るのもちょっと億劫になりますね。

というわけで、涼を求めてそうめん流しに行ってきました。

毎年夏になると県内のあちこちでそうめん流しが始まります。今回は東温市の上林水の元そうめん流しに行ってきました。車を約1時間ほど走らせると、もう自然いっぱいの山の中です。ここは皿ヶ嶺連峰県立自然公園という石鎚山系の自然公園にあり、車を降りるともう辺りはマイナスイオンでいっぱい・・・のような気がします。

混雑を避けるために11時ぐらいに着いたのですが、みなさん考えることは同じなのかもうクルマを止める場所を探すのに一苦労でした。なんとか止める場所を見つけてそうめん流しの建物に行ってみると既に行列です。受付を済ませて30分ぐらい待ったでしょうか、やっと順番が回ってきました。

そうめん01★

席に着くと待望のそうめんが流れて・・・こない!? そう、なぜかそうめんが流れてこないのです。しばらくするとチョロチョロっと5~6束ぐらい流れたかと思うと1分ぐらいなんにも流れてきません。またチョロチョロっと流れると1分ぐらい「待ち」です。「なんだこれ? コンロでも壊れたのか?」とか思いながら次の束を待つのですが、終始その調子です。

そうめん02★

ご存じの通り、流しそうめんっていうのは一つの樋(とい)を流れてくるそうめんの束をその周りに陣取っているお客さんが周囲に気を遣いつつ譲り合いながら食べるものなのですが、こうも供給が少ないとなると川下(?)の席に座ったお客さんなんか待てど暮らせどそうめんが流れてきません。私も比較的川下側の席だったので滅多にそうめんが流れてこないのですが、横目でさらに川下を見ると小さい子どもが「まだかまだか」と言わんばかりに樋を見つめています。「こ、これは取れない!」たまにしか流れてこないそうめんをスルーしつつけ、結局30分ほど座っていたにも関わらず数える程しかそうめんを捕まえることができませんでした。

そんなこんなで客の回転の悪さも手伝ってか、私が席を離れる頃には順番待ちの行列は当初の3~4倍ほどにも伸びていたでしょうか。並んで待っている方々、お気の毒です・・・。

店を出ると「風穴→」という看板が目に入りました。どうやらすぐ近くのようなので、気を取り直して散歩がてら行ってみました。看板に従って10分ほど歩くと、原生林の中に人が集まっているスポットを発見。近づいて見ると徐々に「風穴」の意味が判ってきました。

涼しいんです。それもかなり。標高もそこそこ高い森の中なので既にさほど暑くはなかったのですが「風穴」に近づくと、もうクーラーがかなり強めに効いた部屋にいるぐらいの涼しさです。案内看板によると、地下の空間に浸透した雨水が冬の間に冷たい外気によって地中に氷の塊「地下氷」というものを形成するそうで「地下氷」は夏になっても溶けることがなく、岩の隙間を通る風を冷やして吹き出すしくみになっているそうです。

風穴01★

風穴組写真★

辺りの岩の間からは白いもやがわき出し、美しい原生林をより神秘的に見せてくれていて、季節と時間を忘れさせてくれました。松山からはちょっと遠いですが、避暑にはうってつけのスポットですよ。流れてこないそうめん(笑)も、たぶんこの日だけのトラブルだったのではないかと思いますので、夏の暑い日に是非一度行ってみてはいかがでしょうか、オススメですよ。




Home | Category : FUJIWARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/07/31(Mon)

海洋堂ホビー館四万十へいってきました。

デザイナーの片岡です。
念願だった「海洋堂ホビー館 四万十」に先日やっと、行くことができました。家か
ら片道130km。高速もつかわず、ただひたすら、山道をクネクネ走って3時間。へんぴ
なところにある、オタクとマニアを唸らせるフィギアの聖地。映画、アニメ、歴史的
価値のあるモノや、宗教、アート、絶滅した恐竜や動物、食玩までありとあらゆるフィ
ギアが展示されています。
自称、オタクではない、マニアでもない片岡でも、知っている海洋堂。
専門学生時代、バイクの試験場が門真にあったので通り道の「海洋堂」はいつも気に
なる存在で、研修旅行で東京にいった時には、友達と道玄坂の海洋堂ギャラリーに等
身大の「ゼイラム」を見にいってショックを受けたのを今でも思いだします。

kaioudo_01.jpg

やっと看板を見つけてひと安心。

kaioudo_02.jpg

小学校の廃校を利用した「ミュージアム」。

kaioudo_03.jpg

美少女フィギュアには興味は無いけれど.......

kaioudo_04.jpg

アルフォンス・ミュシャに、

kaioudo_05.jpg

カルトムービーかな?「ザ・フライ」のハエ男に、グレムリン。

kaioudo_06.jpg

ポーズをとることができる仏神に、

kaioudo_07.jpg

職人の道具(とても小さいです。一つが3cmくらいでしょうか)。

kaioudo_08.jpg

中にはいれば、子どもの気持ちにもどれます。当たり前ですが、駄々をこねても、今
も昔も買ってはもらえません.....。

kaioudo_09.jpg

少し距離は離れていますが、「海洋堂カッパ館」の方にも立ち寄りました。

kaioudo_10.jpg

こちらには「かっぱ造形大賞」で集まったかっぱを中心に1000体以上。
なかなか見ごたえあります。

写真には上げていなのですが、ホビー館には手塚治虫さんのブラックジャックや横山
光輝の鉄人28号、ジブリや、カルピス劇場なんかのフィギアもありました。そういえ
ば、ポップアートの旗手、村上隆さんの作品(なんと16億!)にも海洋堂さんの美少
女フィギア原型師(ここでは模型やフィギアの元元を作る人)が参加していると
か.....。

今回、四国地図(スマホもカーナビももっていないアナログ人間)を見ながらバイク
でいって、小さいフィギアをじっとみていると.....。視力の低下がとてもよくわか
りました。そろそろ、メガネが必要かな~。

Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/07/25(Tue)

土用の丑の日

暑すぎて夏バテぎみな国貞です。
ぎみじゃなく、もしかしたら、、、夏バテ?(笑)

な、ワケでスタミナつけましょー!!!
な、ワケでスタミナと言えば鰻です。

誰がなんと言おうと鰻なのです!!!

ただ、お高くなってしまいましたね。。。(悲)

な、ワケで、かつて撮影した写真ひっぱり出してキタ~!

行くぜ5連発!!

01.jpg
02.jpg
03_2017072508585852e.jpg
04_20170725085901465.jpg
05_20170725085901777.jpg


う~ん。。。食いてぇ~!

06_20170725085916db9.jpg


大洲の天然鰻!!

みなさん夏バテご注意ください♫
Home | Category : KUNISADA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/07/19(Wed)

釣人

ウェブデザイナー栗原です。


暑い日が続きますが、
エアコンだけでは体に悪いので扇風機と組み合わせて仕事観環境をアップグレードしました。
以前から目を付けていたバルミューダのThe Green Fanをついに購入しました。
二重構造の独自の羽根が自然の風を再現するので・・・なんとも心地よい風は扇風機の最高傑作です。

本体価格はかなり張りますが、DCブラシレスモーターを導入して
とんでもない省エネ効果があります。

なにより気に入っているのは、バッテリー&ドック機能というもの。
扇風機をちょっと仕事場からリビングに移動というときも
バッテリー内蔵(最大駆動時間20時間)でドッグから切り離して
煩わしいコンセントを気にせず、どこにでも持ち運び可能・・デス!


前置きが長くなりましたが
久しぶりに釣りに行ってきました。
北吉田防波堤へ・・・夕方5:30〜7:30の2時間勝負です。


700mくらいある長〜い防波堤ですが、誰もいません。
1時間ほど1度のアタリもまったくなし・・・・

20170719b.jpg

いるのはサギ・・・一羽
おこぼれにあずかろうと、こちらをガン見しています。
どんどん距離をつめてきます。
微動だにすること無く、とにかくおこぼれをもらおうとがんばってます。

20170719a.jpg


日も沈みかかったときから
ちらほら・・・いりこのようなアジの赤ちゃんが・・・
サギちゃんの晩ご飯のために釣りをしているのかと思っていたところ

20170719c.jpg


残り30〜40分くらいで
20cmのアジが・・・ついに・・・キター━━━(゚∀゚).━━━!!!

20170719d.jpg


さらに30cmのグレ・・・キター━━━(゚∀゚).━━━!!!

20170719e.jpg


といっても20cmクラスのアジは4匹だけでしたが
かわいいメバルと小魚でなんとか僕も晩ご飯にありつけました。

20170719f.jpg


これから夏本番ですが
熱中症にはくれぐれも気をつけなはれや〜



Home | Category : KURIHARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/07/05(Wed)

巣立ち



こんにちはデザイナーの香川です。
ここのところ動物ネタが続いていますが、そのままバトンを引き継ぎます。

3年前に新居に引越してきて間もなく、
ピカピカの玄関のど真ん中にツバメがせっせと巣作りを始めました。
自宅兼仕事場なので縁起がいいからと大歓迎で迎え入れた矢先、
カラスと思われる外敵に襲われ巣は大破。
ツバメも来なくなりました。

1_20170705141135c5d.jpg
ど真ん中に作られたツバメの巣


そしてその翌年、もう来ないだろうと思っていたら
全く同じ場所に巣作りを始めました。
懲りないやつだなと思いつつも、気にかけて見守っていたのですが
卵を産んですぐ、また、何者かに襲われました。

さすがにもう来ないだろうと思っていたのですが、
今年また同じ場所に
壊れた巣を上手にリノベーションして巣を完成させたのです。
全く危機感のないひたむきな巣作りに、
今度こそは巣立ちまで見届けようと、
外敵から巣を守るためにネットでググってガードを作りました。

そしてみごと卵を産み、6羽のヒナが孵りました。
よしよしその調子と思っていたのですが。。。
卵がふ化して数日後。。。またまた襲われてしまったのです。

つっかえ棒に新聞紙で巻き、カラスから巣が見えないように防御していたのに、
下からクチバシで突き破ったように新聞紙が真っ二つに裂かれ、
巣の中のヒナはすべていなくなってしまいました。
なぜか巣そのものはほとんど壊されてなかったのでカラスではなさそうです。
いったい何者なんだろう。。。


2_20170705141136bee.jpg
つっかえ棒と新聞紙で作ったガード


今年もダメか・・・とあきらめていたのですが、
すぐにつがいが戻って来て
欠けた巣を上手に修理して準備を始めました。
知りませんでしたが、つばめは何度か卵を産むそうです。

今度こそ!前回の失敗を繰り返さないよう
更に知恵を絞ってガードを作りました。


5_20170705141140dec.jpg
ネットを張って、たこ糸を垂らして下からの攻撃に備えたガード


そして、今回、みごと守りぬくことができました。
卵は5つ。
前回は明け方に襲われたので、ふ化してからしばらくは
朝ドアを開けて巣を見上げるのが恐怖でした。
そんな心配をよそに、ヒナたちはすくすく育ってくれました。
親ツバメの気配がすると
ヒナたちは大きく口を開けてエサをもらえるのを待ちます。
その姿はなんともほほえましく、
口を閉じたときのふてぶてしい顔も、またかわいかったりします。


m004_20170705195532acb.jpg
m003_20170705195523083.jpg


そんなヒナたちも日を追うごとに大きくなり、
ついに巣立ちの時がやってきました。
巣の外へしっぽを出し、羽根をバタバタさせたり、
毛繕いをしたりと準備は万端のようです。
そして一羽二羽と巣立ちを始め、
とうとう最後の一羽のみになりました。
兄弟たちは家の前の電線から見守ってくれてます(多分)


m005_20170705195544352.jpg
最後の一羽


この残された一羽はきちんと巣立ちできるのか!
親は最後までサポートするのか! 気がかりでしたが
ちゃんとエサを運んであげているようです。

ひとりぼっちの夜を過ごすツバメを
夜中にそっとのぞいてみると、
巣の中ではなく縁に留まって眠っていました。
旅立ちは近そうだ。
そして今朝のぞいてみると、
最後の一羽は無事に巣立っていました。


11_20170705141148f2b.jpg
兄弟たち


我が家で育ったツバメたちよ
たくましくあれ!!


Home | Category : KAGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/06/30(Fri)

小川家のペット「チュー太とチュッポン」

ワンコインの小川です!

小学校の頃、ペットしてハツカネズミを飼っていました。
今でこそ多種多様なペットが売られていますが、
当時は、イヌネコ以外では、亀、ねずみ、モルモット等・・・が多かったと思います。

ある日、小川少年は、三津のペットショップの店先に置いてあった2匹のハツカネズミにくぎ付け。
かごの中を元気よく駆け回る2匹、きれいな白い毛と赤い目がとてもキュートでたまらんかったです。
店主曰く、オス2匹!
金額もお手頃(150円*2匹=300円)だったので即購入。

↓かわいいー! ※イメージ写真
135095172927013121348[1]

引用先:http://23726223.at.webry.info/201210/article_2.html

早速、チュー太とチュッポンと命名し、飼育生活がはじめりました。

まずは、2匹が喜ぶ生活空間をと思い、
回し車以外に、トンネルや滑り台、小屋等制作しました。
元気よく走り回るチュー太とチュッポンを見るのが毎日癒しのひとときでした。

ところが、飼い始めて1か月あまり、

チュッポンのお腹が大きくなり妊娠しているのに気づきました。
騙された~~~メスやん!。。。(- -)

ハツカ(20日)ネズミというだけあって、妊娠期間は約20日です。
7匹のかわいい子供が生まれました。

生まれたときは、毛も生えていないピンク色、
それが、しばらくすると白いふわふわの毛に覆われ、ぴょんぴょんと跳ね回ります。
とてもかわいいこと。毎日、手のひらに載せて鑑賞したものです。

↓当時の私。
IMG_3572.jpg

↓回し車で遊ぶ様子 ※イメージ写真
1025h4[1]
引用先:http://hiyoko0905.blog54.fc2.com/blog-entry-208.html

皆さん、この先の想像がつくかと思いますが、







この調子でネズミ算式で・・・・・・次から次へと・・・・・







↓ぎゅうぎゅう詰め状態 ※イメージ写真
hatsukanezumi04[1]
引用先:https://hatsukanezumi.etc64.com/

気が付けば、200匹を超え、飼育ケースも5ケース以上になってました。

ひとケース内に、50匹近く入れると、共食いを始めたり、病気にかかったりするため、
その度に、動物病院に連れて行き、一匹2,3000円くらい治療費がかかっていたと思います。

犬や猫のように避妊をするわけにもいかず、もう手におえない状況になり、仕方なく手放すことを決意しました。

子どもなりに処分方法を考え、

その結果
50匹を、そごうの屋上(?)のペットショップで一匹50円で買い取ってもらい、
残り150匹を、当時の道後動物園に持っていき、ただで引き取ってもらいました。
飼育担当の方が、「ぼく、代わりにモルモットあげようか?」と言われましたが、
もうネズミ関係は懲り懲りだったの、丁重にお断り。

言うまでもなく、それ以降ネズミを飼うことはありません。。。

皆さんもネズミにはくれぐれもご注意ください!(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回は、昆虫編をご紹介します。
↓息子と昆虫採集に行っていた頃の写真
IMG_2561.jpg

Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top