• プロフィール

    松山ワンコインアート

    Author:松山ワンコインアート
    オフィシャルサイトはコチラ!

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2017/03/17(Fri)

断捨離とカオス。

デザイナーの片岡です。

みな様、確定申告は無事終わったでしょうか。
今年もなんとか駆け込み最終日、終了2時間前に提出してきました。
なぜ書類を作成するのに事務所がカオス状態になるのかが不思議です。

近頃、「断捨離」って言葉がとっても気になります。
片岡も断捨離という言葉は好きなのですが「モノを断捨離する。」「人間関係を断捨離する。」となぜか単純に「捨て去る事」イコールに使われる事が多いのではと感じます。

もちろん、それが真意だとは思いますが、若い時、読んだ本に断捨離とは、例えば「師と弟子の関係である」といった事がかかれていたと思います。
いうなれば、日本の「守破離」でしょうか?

まず、弟子はなにもわからないので師に教えを請う。教授されたり真似たりして弟子は一所懸命、教えや技を身につける。
するとそれらを身につけた弟子に自我(自分)や考えが生まれ、教えや技に反映しだすため、師の教えに抗う。師との間に「断り」が生まれる。

さらに弟子は精進し、やがて師からたくさん受け取った教えや技にさえも疑い、それらを「捨て」去る。そして自ら新しい教えや技をもった弟子は師から「離れ」一人立ちする。
といった感じだったような気がします。片岡はこの意味をもつ断捨離がとても好きです。(間違っていたらすいません。記憶もあいまい、ネットにもでてない、その事を書いてた本もどこへいったやらで........)

1_20170317093157808.jpg

片岡は都築饗一さんの「TOKYO STYLE」という本が大好きです。
内容は只々、部屋の写真、写真、写真.......です。それもモデルハウスやかっこいい部屋の写真は一枚もなく、どこかのだれかの日常の部屋の写真。
横積みになった本、棚に入りきらなくなったCDやレコード、脱ぎ散らかした衣類、狭小な部屋にキーボード(音楽)、山済みのプラモデル.......。

今流行の「断捨離」にはほど遠く、きっと部屋の主人はカオス(混沌)です。
もう十年以上前の本ですが、いつ見ても、この本は片岡を「ほっ」とさせてくれます。

2_20170317093158136.jpg


「モノを捨てるという事」と「モノを捨てないという事」。
どちらかといえばシンプルに生活するという事がもてはやされる今、まったく逆をいっている片岡からすれば「断捨離」という言葉でモノがすてられる人は、そのモノが本当に必要ではなかっただけなんだと思う様にしています。

そう思わなければ、今、自分の部屋の現状の言い訳になりませんから......。
それにしても地震がこわいな~。
Home | Category : KATAOKA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/02/28(Tue)

よかばいシルク

ウェブデザイナー栗原です。

年度末で慌ただしい中・・息抜きにちょこっと福岡へ行ってきました。
シルク・ドゥ・ソレイユの公演と
ミュージカル「フランケンシュタイン」の2本立てです。

シルクの公演は世界中で行われていて
日本にはいつも新作が2年ごとに上演されます。
日本が終わればまた別の国へ・・・世界各国を巡回して行きます。
複数テーマの公演が世界中をまわっているようです。
ラスベガス限定の公演もあるので・・・いつかはラスベガスばい!

日本公演は
東京・大阪・名古屋・四国飛んで福岡・仙台・・・と
このようなコースとなっています。

今まで6公演ほど見てきましたが
テーマによっては???というのもありましたが
やっぱり究極のサーカスというよりも・・・アートです。
とにかく楽しめますので機会があればぜひどうぞ。


20170228b.png
サーカスといえばテントです。
遠くからこのテントが見えるとちょっとわくわくします。


20170228c.png
今回のテーマは「トーテム」
トーテムとは"不可能を可能にする人類の進化"をテーマにした壮大な物語だそうです。


20170228d.png
上演前の様子。
なんか亀のようなものが・・・。


20170228g.png
実はこの日は極寒で雪降ってました。さむそう・・・
公演終了後は行きつけの水炊き屋へ・・・


20170228e.png
やっぱり福岡の水炊き
たまらんばい!











Home | Category : KURIHARA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/02/20(Mon)

曽我部、親になりました。

寒い日も終わりを告げまた春が来ましたね。
フォトグラファーの曽我部です。

ワンコインに入らさせていただいて早8年…。
様々な出来事が駆け巡った8年でしたがまさかこんな日が来るなんて思ってもみませんでした。

タイトルにもありますが2017年1月、曽我部親になりました。
仕事の調整も関係者の方皆様にご無理を言いまして申し訳ございません。
無事、立ち会うことができました。

この場をお借りして深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

1_2017022010081936b.jpg

産まれる当日は何故かなかなか眠りにつけなかったことを思い出します。
明け方、妻が産気づき車に飛び乗って産婦人科に向かっていました。
陣痛もまだ来ていなかったので入院に必要な準備をしようと思って一度家に戻り。
雑用など済ませのんびり産婦人科に戻るとすでに陣痛が始まっていました。

それでも産まれるのは夜ぐらいじゃないかと言われていたのですが…あれよあれよと容体が急変。
「今から産みましょう!」看護師さんの決断。

準備に慌ただしくなり、男親は放り出され次に声がかかるまで廊下でただただ扉を眺めるだけです。
そして呼ばれた後、ドラマで見たような光景が眼の前で次々と起こって行き、まだ心が追いついていない状況です。

入院、陣痛、出産。
安産も安産で8時間ほどで産まれました!

2_201702201008217c4.jpg

こんな気持ちをどう表現したら良いか…とりあえず子供が産まれることを理由に趣味レンズを一つ購入しました。
仕事とは別に撮りたい衝動に駆られたのは久しぶりです。

そして無事生まれてきてくれた子供と、妻に感謝です。
ありがとう。

3_20170220100822078.jpg

小さなこの手が独り立ちできる時まで、指がちぎれるくらいの気持ちでシャッターを押していきます。

ブログをお借りしてご報告ですがメンバーの皆さん、関係者様各位、本当にありがとうございました。
今後ともますます精進していく所存でございます、何卒宜しくお願い致します。
Home | Category : SOGABE |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/02/06(Mon)

思い出の場所「堀之内公園」

ワンコインの小川です!

~思い出の場所「堀之内公園」~

松山市民にとって憩いの場、堀之内公園。
松山城、二の丸庭園が望め、四季折々の風景も楽しむことができる場所。

2_201702061205261b5.jpg
162.jpg

また、年間通じて様々なイベントが行われており、我がワンコインアートプロジェクトでも、
毎年「すごいもの博」というイベントに参加していて、とても愛着のある場所です。

ワンコイン




ところで、皆さんは、堀之内公園の昔の情景をご存知でしょうか?


12年ほど前に制作した松山市の広報誌「グラフ松山」というパンフレットの中で
堀之内公園の懐かしい写真を特集したことを思い出し、早速探してみました。

これです!↓↓↓
horinouchi.jpg
【pdfで見る】

懐かしいでしょう!!


当時は、がんセンター、陸上競技場、競輪場、球場、プール、テニスコート等たくさんの施設が揃っていて、とても便利な場所でした。

この冊子制作にあたっては、市民公募ということもあり、
私の知らない古い写真もたくさん集まり、感慨深く感じながらデザインに関わったことを思い出しました。
堀之内公園は、皆さんも、それぞれ大切な思い出があることでしょう。

・・・

さて、現在の堀之内公園ですが、
園内の一角にある”愛媛県美術館”の中で、
ワンコインアートプロジェクトのポストカードを販売しています。
愛媛県美術館内にある、”ミュージアムショップ”というところです。

m1.jpg
m2.jpg
m3.jpg
m4.jpg
m5.jpg

アートでおしゃれな雑貨がたくさんあり、
ワンコインのポストカードを、こんなに可愛らしく、丁寧に販売いただいています。
店員さんのポストカード愛を感じます。笑

ちなみに、人気売れ筋ランキングは、

1位 道後温泉本館(正面)
2位 松山城天守閣 
3位 道後温泉本館(ネコシリーズ)

やはり道後温泉 強しです!
みんさん、美術館に行かれることがありましたら、ぜひお立ち寄り下さい。
Home | Category : OGAWA |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/01/30(Mon)

ロケの合間に出会った風景

こんばんは。
寒かったり暖ったかったりして・・・体調など崩されてませんか?

年度末でバタバタしております、HMP松浦です。
最近ロケが多く、天気の影響で撮影の段取りに苦労してます・・・

ネタがないので、ロケの合間に出会った風景です。(いつも同じネタですみません。)
IMG_0474.jpg

1HMP2850.jpg




そして、私の今年の年賀状です。
今年もよろしくお願い致します。

nenga-hmp-1.jpg
Home | Category : H・M・P |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2017/01/24(Tue)

高知2泊3日

2017年は1月1日から出張という、
とんでもないスケジュールで幕開けした
ライターの阿部です。
お陰様で、慌ただしい日々を過ごしています。
そんな中、1月21日から23日まで
2泊3日で高知出張でした。
寒さは厳しかったもののお天気は割と良くて、
オール屋外ロケはサクサクと楽しく進行しました。
主には撮影が主体で、私は旅の空気感を吸収するのがお仕事。
カメラマンさんが渾身の撮影をしている間、
あたりをぶらぶらしまして、ちょっと面白いモノ探し。

今回の旅のテーマは「幕末の志士たち」。
おなじみ桂浜では龍馬像より、
こんなぶさかわな闘犬のイラストや
ぶさかわ闘犬

名物(?)のイカ焼きのキャッチココピーに目がいく始末。
「おいつけるか、この味に!」
おいつけるかこの味に

また世の中に「亀石(亀の形の石・なんらかの伝説がある)」は数あれど、
これほど亀に近い石は見たことない!(山内神社にて)
亀石

龍馬が水遊びをした池を訪ねてみれば、なんと小さいことよ…
龍馬が泳いだ池

小さいといえば武市瑞山(半平太)像。
高知県内に武市先生の銅像は2体ありますが、
そのうち1体は高さ1メートルも満たない可愛いサイズ。
武市半平太像

でもですねー。坂本龍馬は武市先生のことを「武市のアギ(顎)」と
呼んでいたという有名な話があります。
つまり先生は今でいうところの「シャクレ」だったんですね。
銅像の武市先生、確かにシャクレてる!
ちなみに某所には武市先生夫妻を模した夫婦岩がありまして…
こちらの石もしっかりシャクレてる!
夫婦石

ちなみに武市先生は龍馬のことを「坂本のアザ」と呼んだとか。
龍馬の顔にたくさんのホクロがあったことがその由来らしいです。

高知はすごい偉人をたくさん輩出しているなぁとあらためて感じました。
もちろん美味しいモノもたくさんあります。
今回の旅で最高に美味しかったのは、うな重!3000円!税込!
うなぎ

丸ごと1匹がのった贅沢うな重しか、記憶に残っていないという説も!
いえいえ、土佐に吹く風を感じた素敵な2泊3日でした。
また本が発行されましたらお知らせしますね。
本編は国貞さんの素晴らしい写真が目白押しなのです。お楽しみに!

Home | Category : ABE |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top